声優・役者な葛城七穂の   ゆらゆら生活あれやこれや
by n-katsuragi
懐かしい顔ぶれ
2009年 07月 07日 |
某日・某所にて。
「谷正純先生を囲む会」が開催される。
e0088684_1471829.jpg


谷先生は宝塚の演出家。
心に沁みる和物を書かせたらぴか一の作家先生。
私が入団した頃はまだ巨匠の下で演出助手もされていたし、
新人公演の演出担当も結構してもらったなぁ…。

今回は谷先生のバウホール作品に出演していた人々が集まっての会。

先生のバウホールデビュー作品「散る花よ、風の囁きを聞け」や
雪組だったら「おもかげ草紙」の出演者にも声をかけているので
はっきり言って、すんごい懐かしい上級生の方々にもお会いする。

でも、宝塚関係の集まりに行くといつも思うんだけど、
みんな変わらない。
10年以上ぶりだったりするのに、ヒュイッとタイムワープする。

みんな谷作品を愛する人々。
谷先生のあったかい心が大好きなんだよね。
口が悪いのにハートの熱さがばりばり伝わってきて…。


何か面白い会合だったなぁ。
[PR]
by n-katsuragi | 2009-07-07 01:50 | ゆらゆらした日常 | Comments(2)
Commented by けんいち at 2009-07-13 02:50 x
谷先生で何かを書き込ませて頂きたい衝動に駆られたんですけど、何を書いていいのやら・・・(笑)全く関係ない話何ですけど、某日某所で現役宝塚の娘役さんを囲むお茶会がありまして、小生、抽選で何も当らなかったので同伴者の女性から向日葵のブーケを頂いて嬉しかったです(笑)昔からいつも贈る方だったのに・・・。あったかい心を感じました。
Commented by n-katsuragi at 2009-07-15 12:44
>けんいちさま
向日葵のブーケですか。
いいですねぇ。
この季節、そんなブーケ頂けるなんて素敵です。