声優・役者な葛城七穂の   ゆらゆら生活あれやこれや
by n-katsuragi
「貞操花鳥羽恋塚」@国立劇場
2005年 10月 11日 |
e0088684_1985453.jpg

久々に歌舞伎鑑賞。
山像かおりさまと。
顔が隠れちゃってるけど、右ががっちゃん(山像)。

いやぁ、これが良かったのさ。
もともと筋が解かりづらいかも、と聞かされていて覚悟して観にいったんだけど、多少の解かりづらさはどうでもよかった!
なんと言っても実にエンターテイメントな舞台だったの。
12時開演、17時ちょっと前終演という長丁場だけど、飽きなかった。
序幕からおどろおどろしい鬼火やら何やら仕掛けがいっぱい。
三幕目には尾上松緑丈、飛びます!!!

事前に顔を出した楽屋では、「俺、ピーターパン」と言ってたけど、まさにそんな感じ?
国立劇場でフライングが観られました。
しかも、花道の上ではなく、暗転からバーンと明かりがつくと、どひゃーんと客席の真上に!
思わず「近っ!」と言ってしまいましたよ。
だってもう手の届きそうな目の前だったんだもの。
そこからグーンと上がって二階上手客席後方の方まで飛びながら消えて行くんだけど、いやはや、やられました。
かっちょ良かった。

途中、姫や武家の姿のまま世話物っぽい喋りで笑わせてくれる場面があったりしてほっこり。
富十郎さんも渋いし、時蔵さんも相変わらず美しかった。
今回、仲良くしてるお友達も何人か出ていて、みんなそれぞれ活躍の場があったし、新たな発見もあってこれも今回の収穫。

そして幕切れ、ホリゾントいっぱいに背景の映像。
これがまた美しいの何の。
雲の映像も良かったし、ドーーンと出た月もすごかった。
最後までたっぷりとエンターテイメントを魅せられました。
満足、満足。
[PR]
by n-katsuragi | 2005-10-11 19:08 | 芝居だよ | Comments(3)
Commented by lulis at 2005-10-12 10:06
あたしって、ほんとはとっても近付けない方とお知り合いなんだーって・・。
なんか、やっぱり色んな出合いに感謝です★
Commented by n-katsuragi at 2005-10-12 23:33
いやいや、皆おんなじ人間なんですよ~>るりしゃん
でも、出会いは感謝だね。
Commented by hagoromo1011 at 2005-10-13 01:30
そうよそうよ
もう、足向けてねられない。ななほちんには。
拝むぜ。あ~~~~~~あ、あ~~~~!