声優・役者な葛城七穂の   ゆらゆら生活あれやこれや
by n-katsuragi
夕方からの徘徊
2011年 09月 09日 |
夕方。
近所ではあるが、自転車で出かける。

まずは古本屋さん。
じっくり選んで楽しんで、戦利品は4冊。
主に時代小説の文庫本なのだが、
コミックで竹宮恵子氏の『エルメスの道』を発見。
エルメスオレンジの外装で、何だこれ?と手に取ったのだが、
まさにあの有名ブランド「エルメス」の本。
e0088684_22254822.jpg

何でも、これまで文章で書かれた「社史」をもたないエルメス社が
日本の「漫画」という文化においてそれを刊行しようと、社長自ら依頼したという…。

すごいなぁ、日本の漫画。
白羽の矢があたった竹宮恵子氏もすごいけど。

奥付を見ると1997年発行だからもう14年位前の作品だけれど、
これ話題になったのかなぁ。
フランスでも翻訳版が発行されたのかな。
エルメスで売ってたりしたのかしら。

誰か知らない?


さて、そんな戦利品たちを携えて整形外科へ。
ここはたっぷり待たされるから、時間つぶし道具は必携なのだ。

今日はきちんと腰のレントゲンを撮ってもらう。
結果は、レントゲン上では異常は見つからず。
MRIも撮る?と聞かれたけれど今回はパス。
レントゲン写真は借りれるか聞くと、CDに焼いてくれるという。
ふへ~、今時だなぁ。
CD代500円取られたけれどね。


医者も終了したしと、昨晩から脳裏に浮かんでは消えで私の胃を悩ませていたアイツ。
アソコのアレが食べたい!とお目当ての定食屋さんへ。

そこではたと私の足が止まった。

…あれ?私、自転車で出てきたはず……

頭を高速でぐるぐるすると、ようやく思い出した。
古本屋さんの前だ…。

目の前に定食屋さん。
まずは腹を満たしましょう。
昨日から恋焦がれたソイツ。
鮭の味噌漬け・根菜コロッケ・オクラトロロ…
満足。

とてとてと徒歩で戻り、自転車を迎えに行く。


スーパーにも寄る。

サンドイッチ用に10枚切りの食パンが欲しかった。
なかなか見つからない。
実際あまり置いているところは少ないのだけれど。

店員さんに聞いてみる。
年配の女性店員さん。まるでバカにしたように
「10枚切りは聞いたことないですねー」

ちょいとカチンときたので、こちらも笑って
「そ~んなことないですよ~」

客をバカにしたような受け答えはいけません。
彼女慌てて
「こちらでは取り扱っておりません」
と言いなおしてた。

仕方なしに8枚切りで対応することに。
自社ブランドパンのスライスサービスもないからね。


アボカドもトマトも買ったので、明日はサンドイッチです。
ふふふ。
[PR]
by n-katsuragi | 2011-09-09 22:52 | ゆらゆらした日常 | Comments(3)
Commented by sugako at 2011-09-09 23:12 x
LE CHEMIN D'HERMÈSですが,パリ在住時代に私も読んでフランス語版を探してみましたがありませんでした。
恐らくあっても常連のお客様に配布されたんではないのかなと思っています。

昨年デュマ社長も亡くなられ,エルメスも買収される?などいろいろ厳しい状況のようですが,
たいしたものは持っていませんが,やっぱり品質の良さはさすがだと。
このまま伝統を守っていただきないなーと思うブランドです。
Commented by 璃弥 at 2011-09-10 00:24 x
→エルメス社が日本の漫画で社史を刊行、社長自らが依頼
そんなスゴいことがもうすでに97年に起こっていたとは!
竹宮先生って…すげ~☆

→自転車で出てきたはず
あはは、私もこないだやりました。自転車ではなく傘でしたが。忘れ物よりひとまず食欲を満たす!まあ、基本ですな。コレ。

→サンドイッチ用10枚切り食パン。店員の態度。
そうです!お客様をバカにしてはいけません!
きょうレジ前の長蛇の列を一人でさばいたオバチャン店員をスーパーで目撃。
徹頭徹尾、まったく表情・声色・態度を変えずに、丁寧さ・温和さを貫く彼女に、脱帽。
ブラボー。そしてハラショー。
Commented by n-katsuragi at 2011-09-10 23:32
>sugakoさま
そうですか。やはり探されましたか。
あの本を読んだ後だと、ええーっ!ジャン・ルイ亡くなったのーーっ!!
って感じです。
社史仕様なのでその辺を差っぴいてみても、あの「エルメス」の姿勢は素敵ですね。
是非守って頂きたいです。

>璃弥さま
プロ。
本当の意味でのプロってかっこいいですよね。