声優・役者な葛城七穂の   ゆらゆら生活あれやこれや
by n-katsuragi
演劇集団キャラメルボックス「クロノス」 @サンシャイン劇場
2005年 11月 25日 |
漫画家・星野めみさんと某駅で待ち合わせ。
今日はめみさんの新シリーズの為の取材に同行する。
というのも、本日伺う清元の雄二郎さんは私のお友達なのだ。

e0088684_15574047.jpg
めみさん言うところの「椎名桔平似」の雄二郎さん。
そ、そう言われてみれば…

めみさんはひたすら写真を撮りまくっている。
おだやかに三味線を弾いてみせたり、分解してみせたりしてる雄二郎さん。
普段は飲み友達なので、今日は違う顔だ!


e0088684_1632389.jpg
その横で私は「小虎」くんを激写!
小虎「…まぶしい…」


e0088684_1634893.jpg
雄二郎さんは猛烈なる阪神ふぁん。
三味線のケースの中の小物にいたるまで阪神グッズが出てくる。
風呂敷もしましまだったし。
で、この猫ちゃんも「小虎」くん。



この後、めみさんとキャラメルボックスの初日へ。
キャラメルはめみさんの影響で見始めたんだけど、今ではすっかり大ファン。
毎公演、めみさんにひっついて観に行かせて頂いている。

この劇団のパワーはホントにすごい。
もう20年も続いている劇団。
その20年で培ってきたのであろう劇団員の実力、層の厚み、営業力。
サンシャイン劇場を一ヶ月間いっぱいに出来る劇団。
それだけ面白いって事。

笑って、泣けて。
やっぱりこれが一番。

今回は原作がある。
梶尾真治「クロノス・ジョウンターの伝説」(朝日ソノラマ刊)
上演時間が約2時間。これはさすがに休憩なしだと長い感じ。
でもこの2時間、今回の主役・菅野良一さんのテンションは下がらない。
すごい。
ラスト近くには、彼のジャケットの背中は汗で色が変わっていた。

ひとつの変わらない舞台装置。その中でスムーズに場面がスライドしていく。
その妙技が私のこの劇団の大好きな点のひとつ。
今回も、鮮やかに場面も時代も交錯していった。

キャラメルボックス「クロノス」 東京は12月25日まで
その後は横浜に行くらしいよ。

めみさんのブログはこちら
[PR]
by n-katsuragi | 2005-11-25 16:33 | 芝居だよ | Comments(1)
Commented by 富さん at 2005-11-25 23:48 x
キャラメルは旗揚げを観ました。
早稲田の演劇出身の人に連れられて・・
たしか、当時、高田馬場にあった小さい劇場だったような・・・
内容はほとんど覚えてないけど、
この劇団、伸びるかも・・と思った事だけは覚えてます。 笑
すっかり有名ですもんね。