声優・役者な葛城七穂の   ゆらゆら生活あれやこれや
by n-katsuragi
珈琲そしてレッドブル
2013年 07月 09日 |
愛知県の喫茶店文化はなかなか独特に発達しておりますが……

本日のお店も、370円のコーヒーに豆とシフォンケーキがついてきました。
さすが。

私以外がおぢさま連中だったためか、ホットを注文した時にマスターから「ケーキも召し上がりますか?」と確認され「付いてますが」と。
我々全員「お願いします(^^)/」

薄めにカットされたシフォンケーキでしたがカスタードソースやホイップクリームも添えられ、食後のデザートにはぴったりでございましたよ。
e0088684_1342651.jpg

営業時間は朝7時から深夜1時まで。
モーニングサービスは朝7時から昼12時まで。
って、こんな田舎(失礼)の小さな(失礼)個人経営の喫茶店なのに、すごい奮闘ぶり。
いや、なのにではなく、だからなのかな。

注文の度に豆を挽いてドリップでいれられたコーヒーも、全員違う素敵な柄で出されたカップも、テーブルのガラスの下に敷き詰められたコーヒー豆も、何だかほっこりと笑顔にさせられます。


さて。

おぢさま連と別れ、向かった駅前で見かけたのはレッドブルなおねいさん。
炎天下でぽつねんと立つ二人のレッドブルおねいさんに近づくと、爽やかな笑顔で
「レッドブル飲まれますかー?」
「飲む~!」
「飲まれたことありますかー?」
「ある~(^^)美味しいよね~」
「ありがとうございます!こちらはシュガーフリーなのでお試し下さい!」
その場でプルトップをあけて渡してくれる。
e0088684_13343322.jpg

「ありがとう!頑張って下さいね!」

冷たく冷えたレッドブル、有り難く頂戴致しました。
[PR]
by n-katsuragi | 2013-07-09 12:53 | ゆらゆらした日常 | Comments(0)