声優・役者な葛城七穂の   ゆらゆら生活あれやこれや
by n-katsuragi
観劇デー
2007年 01月 20日 |
そんな訳で(一つ前の記事参照)芝居を観る日だった。

まずは宝塚宙組公演を観に行く。
久しぶりの宝塚観劇。
もう誰が誰だかさっぱり解らない。
ある意味、新鮮?

開演前に楽屋に顔を出すも、知ってる顔は幹部部屋の数人とあとちょろり。
現トップのかしげ(貴城けいちゃん)も元・同じ組の下級生だったから旧知の仲。
まあ、こんなに立派になって、とまるで親心。

トップ娘役のるいちゃん(紫城るい)は、私が退める公演で初舞台。
その時、すっかり仲良くなったので以来彼女の成長過程をたまに観に行っていたけれど、
その彼女がトップ娘役なんだものね…。
時のたつのは早いものです。

久々の宝塚。
ショーはまさしく絢爛豪華。これぞ宝塚。
普通の芝居だったら、恥ずかしくてむしろ笑っちゃうような事を、きちんと成立させてる世界観。
宝塚でしか味わえない夢の世界観。
これを観たくて、お客様はやってくるんだよな。
改めて、すごいなぁと実感。


そんな宝塚をたっぷりと堪能した後、今度は正反対の方向性な小劇場観劇。
ユニットバースメンバー・中山の出演する舞台へ。
江古田のストアハウスはキャパが約70位の小劇場。

皆で観よう!と声を掛けた結果、中山の関係者11名集まる。
集まって下さった皆様、どうもありがとう!
終演後、本人含めて12名が居酒屋の長テーブルにつく。

芝居バカな役者や芝居観劇好きな面々の集まり。
前回のユニットバース公演、本日のメトロポリスプロジェクト公演について喧々諤々と語り合う。
みんな好きなんだね。

中山は…
さすがに事前に自分で言っていただけあって、面白いキャラクター作りをして、じんのひろあきさんの世界観を立体化させていた。
役者としても、やっぱり「なかなかやるな、おぬし」であった。
[PR]
by n-katsuragi | 2007-01-20 02:59 | 芝居だよ | Comments(0)