声優・役者な葛城七穂の   ゆらゆら生活あれやこれや
by n-katsuragi
ステーショナリー
2007年 02月 20日 |
家の近くの文房具屋さんに行く。

文房具屋ってじっくりと行く?
私はゆっくりと見たいけれど、いつも目当てのモノをゲットしたらさっさと出てきてしまうのね。
東急ハンズみたいなところだと、ホントに面白いけど、街の文房具屋さんだと、ね?

だけど、今日は何となくじっくり見てしまったわけよ。
これが。
結構面白かったのだ。

そもそも0.18のペンを見てみたいと思って行ったんだけど、その他のペンがまた面白い。
手が疲れないらしいホールドが飛び出すペンは、「お前はエヴァンゲリオンかっ!」ってなフォルム(分かりづらい…)
グリップのところがゲル状のモノでも色々種類があってどうしようと迷ってしまう。
で、私が買ったのは鉛筆やペンに取り付けるソフトグリップのみ。
その名も「プニュグリップ」4個入り、105円也。(安っ!)
e0088684_20153762.jpg

このプニュグリップだけでもサイズや形が色々あったよ。
すごいなぁ。

それと!
ちょっと嬉しかったのは鉛筆削りのコーナーの中にボンナイフを見つけた事。
手のひらサイズの折りたたみ式カッター。
まだ現役で流通してるんだ~。
小学校の頃、みんな持ってたんじゃないかなぁ。
現在の値段も89円(だったかな?)とリーズナブル。

その下には「蝋石」!50円。
地面にいっぱい描いたよね?!
ケンパもしたよね?


……。

みんな、ついて来てる?
[PR]
by n-katsuragi | 2007-02-20 20:15 | ゆらゆらした日常 | Comments(5)
Commented by ひろし・カーミット at 2007-02-20 22:56 x
 なつかしの文房具(?)という事でしたら、僕が子供の頃に、‘ドリフの首チョンパ’というのがありました。様は鉛筆のホルダーなのですが、先端がドリフのメンバーの顔になっていて、スイッチを押すと、スプリング仕掛けでドリフの首がピョーンと飛ぶという、馬鹿馬鹿しくも楽しいものでした。
 あと、ボンナイフって、‘肥後神’って名前でも売っていませんでしたか?今も売ってるんですねー。まさにロングセラー・・・・って俺いくつだよ!!
Commented at 2007-02-21 00:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chiyo at 2007-02-21 11:59 x
ついて行ってま~す(^^)/ 逆にエヴァンゲリオンの方がついて行けなかったりして…ガンダムなら(^^ゞ
文房具屋さんとか100円ショップとかは、ちっちゃな驚き商品があって面白いんですよね♪ 何気に時間たっちゃいますよね。
私は小さい頃、消しゴムに凝ってたような。あとネリケシとか。今の子は、鉛筆を自分で削って使うのかしら?
Commented by ひろし・カーミット at 2007-02-21 22:58 x
 訂正・‘肥後神(誤)’→‘肥後守(正)’です。消しゴムといえば、僕が小学生の頃には‘スーパーカー消しゴム’というのがあって、ノック式ボールペンで弾いて遊んでいた記憶があります。中学生頃には‘キン消し(キン肉マン消しゴム)’かな?あと、‘象が踏んでも壊れない’がキャッチフレーズの筆入れもあったなあ・・・って、年がばれちゃうよ!!
Commented by n-katsuragi at 2007-02-22 00:27
>ひろし・カーミットさま
大丈夫です。この話に反応してる時点で貴方もお仲間です。

>秘密コメントさま
おめでとうございます!とお伝え下さい。

>chiyoさま
何であんなに消しゴムって色々と流行ったんでしょう…
アイディア商品は、自分にぴったりの掘り出しモノを見つけた時の喜びがたまりませんよね。