声優・役者な葛城七穂の   ゆらゆら生活あれやこれや
by n-katsuragi
「センター・オブ・ジ・アース」他…
2008年 10月 17日 |
観劇デイが続く。

六本木ヒルズへ。
映画「センター・オブ・ジ・アース」日本語吹き替え版の試写会。
実は日本語吹き替え版にちらりと出ているのだ。

「センター・オブ・ジ・アース」
…、聞いた事あると思ったら…

ディズニー・シーのアトラクションなんだよね。
これの映画化。
しかも3D!

うちでリハーサル用のビデオは見ていたが、これが結構面白くて、
しかも3Dなら劇場で観たいじゃない!
(ビデオではもちろん3Dではなかった)
で、試写会へGO!となったわけ。

キララちゃんの相方・ちゃん子ちゃんを誘って行った。
e0088684_23485688.jpg

がっつり3D用メガネをかけ、キャラメルポップコーン片手に用意万端の我々。

いやはや、飛び出してきましたよ。はい。
すげ~。
ちゃん子ちゃんが必要以上にいいリアクションをしてくれるので、こちらにも笑えて困った~。

全編、殆ど主役3人のみのシーン。
まあ、地底での話だからね。
日本語版は沢村一樹さん、矢口真理さん、入江甚儀くん。
私はショーン少年のお母さんだったので、冒頭シーンとあとちょっと、という出番だったこともあり
かえってすっかりお客さんモードで映画を楽しむ。
e0088684_23584690.jpg

映画館で写メしたよ。
公開は10月25日から。
3Dは劇場でしか体感できないらしいよ~
公式HPは → こちら


そして。
e0088684_041079.jpg

こちらは国立劇場・10月歌舞伎公演「大老」
劇場ロビーでポスターを写メ。

中村吉右衛門さんの井伊直弼である。
歌舞伎の演目ながら、近代モノなのでヒュースケンとか外人役の人も出てきて面白い。
11時半から4時近くまでかかる歌舞伎らしい大作。
大作だけど近代モノのためか、全体に地味なつくりの印象。
でも満席に近いほどお客さんは入っていて、皆さん楽しんでいらっしゃる様子。

詳細は → こちら


更に。

シアターブラッツ
演劇集団スプートニク「ちょっと行ってきます、宇宙へ。」

以前共演したりもした吉岡毅志くん(ウルトラマンガイア)の劇団。
この劇団、イケメン劇団なんだよ。
今回もゲスト含めて男ばかりいい男揃えて、いい感じだった。

今回は宇宙船内のお話。
出演者7人、というのも無理ない設定で、力を抜いて観られるお話。
前半ちょっとスロースターターぎみだけれど、面白く見せてもらった。

いっぱいのお客さんの中で写メも撮れず、さっき電話で
「写真送って~」とお願いしたら…
e0088684_0301429.jpg

…でかっ!

ま、いいか。せっかく送ってくれたし、このままアップしちゃおう。

吉岡毅志くん(左)と粟島瑞丸くん。
ね、かっちょらいいでしょ。

彼らの公演は19日(日)まで。
詳細(劇団ブログ)は → こちら
[PR]
by n-katsuragi | 2008-10-17 00:38 | 映画だよ | Comments(9)
Commented by ひろし・カーミット at 2008-10-17 01:03 x
最近の3D用メガネって、すごいカッコいいものになってますね。おいらが昔観に行った時には(「ジョーズ3」でした。ワザとらしく、鮫や水中銃の銛がこっちに向かって来ました(笑)…)、ボール紙のフレーム(?)に赤/青のセロファンを貼っただけのものでしたが。

吉右衛門さんの「大老」って、やっぱり“桜田門外の変”も出てくるのかなぁ。観てみようかな。
Commented by todoroki at 2008-10-17 11:08 x
七穂さん久しぶりです!
「センター・オブ・ジ・アース」は
ジュール・ベルヌの『地底探検』が原作ですよ!
チョット前に研修で1ロールだけ3D体験させていただきました。
結構すごいですよね。
Commented by ひろし・カーミット at 2008-10-17 15:38 x
ジュール・ベルヌ原作というと、おいらはカーク・ダグラスなんかが出演した「海底二万哩(または20000マイル)」や、「八十日間世界一周(リメーク版は、ピアース・ブロスナンが主役っす)」が好きだったなあ。共に原作も持ってます。
Commented by ロカンドラス at 2008-10-17 22:53 x
出るんだよねぇ、「センター・オブ・ジ・アース」。
普通、映画は字幕でしか見ないんだけど、今回は日本語版かなぁ。
Commented by たね at 2008-10-19 12:29 x
「センター・オブ・ジ・アース」の試写会には応募していないので、見たくなりました。
でも、映画館で日本版の上映があれば、ですが。田舎の映画館はスクリーン数が少ないので。
ジュール・ベルヌ=「十五少年漂流記」です。子供のときに読んで感動しました。
「海底二万里」も良かったですね。ならばぜひ見ないと。
Commented by yuki at 2008-10-19 16:29 x
ちゃん子さんの必要以上のいいリアクションとは、突然出てくるものに、ギャーとかワーとかですか?ビビりの私は聞くだけでも怯えてしまいます((^^;)
昔、数年前に行ったディズニーランドのアラジンのアトラクションが3Dだったような、?違うかも?((^^;)
その時は楽しく3Dメガネをかけたりはずしたりして、どう違って見えるのか、やっていたと思います(^^)
Commented by n-katsuragi at 2008-10-19 23:10
>ひろし・カーミットさま
いまどきの3Dメガネはすごいです。
おされ~です。
私のイメージも「赤と青のセロファン」です。

>todorokiさま
あのtodorokiさまですよね?
あちらのtodorokiさまじゃないですよね(ってわかりづらい…)

ご無沙汰しております。
映画館での3Dは久々の体験でした。
3Dがなくても面白かったです。

>ロカンドラスさま
字幕版・吹き替え版の選択はお好みで!
純粋に楽しめますよ~

>たねさま
字幕版でも是非映画館でご覧下さい!

>yukiさま
そーゆーリアクションでした。
でもすんごい楽しんでましたよ。
もう一度映画館に行こうかな、とまで言ってましたから。
Commented by todoroki at 2008-10-20 10:18 x
はい。
ネ○シ○ドの轟です。
Commented by n-katsuragi at 2008-10-20 22:17
>todorokiさま
ですよね。すみません。
わざわざありがとうございます。

またこちらにも遊びにいらして下さいませ。