声優・役者な葛城七穂の   ゆらゆら生活あれやこれや
by n-katsuragi
カテゴリ:ハムレット( 21 )
|
2007年 08月 29日 |
e0088684_1144713.jpg
「ハムレット」の稽古は続く。
ある日の稽古場。
今回の音楽を生で入れてくださるパーカッショングループのTuk-Pak(ツクパク)さんと音合わせ。
Tuk-Pakさんの参加で、芝居がぐぐんと華やかになった。
いずれにせよ、生の音は贅沢だし、素晴らしい。

e0088684_11122755.jpg
そして父(藤川一歩)と子(山﨑康一)の図。
正しくは継父と子。
あるいは王と臣下。
むむ~、めんどくさい…。

e0088684_11161784.jpg
こちらは私が持って行ったお菓子。
先日の「KOWAI」の公演中に頂いた差し入れを
「ハムレット」で消費。
名古屋の同級生からもらう。
「名古屋地どりコーチンパイ」
名古屋コーチンの卵を使用。
しかもほんのりピリ辛。
始めは、?と思ったけれど、これが結構イケてた。
[PR]
2007年 08月 23日 |
何だか、久々に「ハムレット」の稽古に出た気がする。
約1週間ぶり位だったのに、すっかりご無沙汰の気分だった。
それだけ、この1週間が濃かったという事か?

その日やったのは、オフィーリアの狂気の場面だったので、参加人数も少なかったんだけど。
その場面は特に王妃は殆ど聞く芝居なので、その「ハムレット」の世界にふわんと身をゆだねていたら…
なんだか涙が出そうになっちゃった…

なんだろね。
ふたつの事を同時進行させていたストレスからの開放…
(更に言えば、ここに声の仕事が別に入ってくる場合もあり…)
もう役者として参加するだけでいいんだという安心感…
これに専念できるという…

ユニットバースが嫌というわけでは決して無くて、同時進行が実は結構大変だったんだなぁと、改めて思い知らされたわけで…
そちらは役者と制作(主宰)としての仕事が山盛りあったからね…

ううーん。
色んなことが勉強になったなぁ。

さて、これからはしっかりデンマーク王妃にならなければ…!
[PR]
2007年 08月 13日 |
e0088684_10553816.jpg
ある日の稽古場。
ポローニアス(内田慎二)とホレーシオ(太田永)
同じ劇団の先輩後輩。
いいコンビネーションを見せている。


e0088684_1058767.jpg
ある日の稽古場の黒板。

王妃の落書き…


いよいよ公演が今週末にせまったuBブログ 「unit BAR-th発信基地」 にも書いてるから見てね!
[PR]
2007年 08月 12日 |
e0088684_102238100.jpg
暑い日だった。
みなとみらい線の元町・中華街駅を降り、地上に出るまでいったいいくつのエスカレーターに乗らねばならぬのだろうと、不安になった頃、ようやく出た地上。
太陽は高く、どかんと蒸し暑く、蝉は鳴きわめき、まさに日本の夏だった。

e0088684_10265055.jpg
坂を上る。
ただひたすら。
横浜の空気を感じる。
すべてがおしゃれに見える。

e0088684_10284364.jpg
私は劇場に入る前に、ただ軽く食べたかっただけだった。
コンビニでサンドイッチでも買って行けばいいとも思っていた。
が、駅を出て、坂を上り、港の見える丘公園と劇場が見えるところまで来たが、それまでにコンビニもランチのできる喫茶店すら見当たらなかった。
恐るべし、横浜・山手。
おしゃれすぎるのか?!

e0088684_10323389.jpg
仕方がなかったのだ。
最後の救いに、公園横にあった小さなホテルのレストランに入った。
ランチメニューのコースもあった。
けれど、素早く軽いものが食べたかった。
「牛ヒレ肉のカレー」1200円
これが一番お手ごろだった。
私はコンビニのおにぎりでも良かったのに…。
カレーには、お前はステーキかっ!?と言う位、柔らかくて大きなヒレ肉がごろごろ入っていた。
こんなに気持ちがあせっている時に、なんてもったいない…
予想外に豪勢なランチとなった。

e0088684_10375523.jpg
そして…
初めて入る山手ゲーテ座。
この日、「ハムレット」の稽古はゲーテ座を借りて行われたのだった。
翌日の稽古に出られないかつらぎの為に、この日の稽古は王妃ガートルードが出ている場面をひたすらあたっていって頂いた。
当然、出ずっぱりである。
気付いたらトイレにも行けていなかった。

e0088684_10415315.jpg
夕刻、稽古が終わり帰りの電車でぐったりとなったかつらぎの両隣には王クローディアス(藤川一歩)と王子ハムレット(山﨑康一)が座っていた。
王は台本を取り出しなにやらぶつぶつと唱えていた。
王子はべこんと潰したペットボトルをアヒルさんのようにぐわぐわしながら放心していた…

私は次の稽古場へ向かった。
unit BAR-th「KOWAI」はいよいよ一週間後にせまっている。
どうぞみなさん、観にいらして下さいませ!

この後の稽古場状況はuBブログ 「unit BAR-th発信基地」 に続く…
[PR]
2007年 07月 30日 |
選挙。
すごい事になりましたなぁ。
とりあえず片隅からでも参加したので、気になって結果を見ると…。
ある意味、なるほどね。って感じです。

さて、そんな日も稽古は続きます。

昼間、東京は夕立のようなすごい雨と雷。
雷鳴轟く中、「ハムレット」の稽古場内では、レアティーズとクローディアスの陰謀が巡らされていて…。
それはまるで、SEのようで、あまりにもおどろおどろしく…。
そして役者二人はその雷鳴に負けじと声を張り上げ…。
何故か、自然との闘いになっていた。
はたで見ているとちょっとおかしい。

休憩。
7月に誕生日があった後半ハムレット(大沢一起)とギルデンスターン(グッティ植杉)のサプライズお祝い。
演出家(佐藤里恵)よりケーキが用意された。
e0088684_2513886.jpg

左:大沢氏 と 右:植杉氏

とりあえずその時間に稽古場にいたメンバーのみでお祝いする。
e0088684_2544629.jpg

はい、写真撮るよ!
左から、太田・山﨑・植杉・大沢、そして演出・佐藤

え?
演出家は顔出しNGなの?
んじゃ、撮って下さい。
e0088684_2573020.jpg

ぶれたならもう一枚…。
はい。
ん?
やっぱりぶれてない?


夜、ユニットバースの稽古場へ。
今日は中山×佐藤チームが稽古している。
こいつらは長年のコンビの息を見せ付けてくる。
久々に一緒に芝居するはずなのに、何故…。ううむ、面白い。

彼らのことは 「unit BAR-th 発信基地」 にも書いてるよ~
[PR]
2007年 07月 29日 |
なぜ?

e0088684_39361.jpg

ハムレット(山﨑康一)×ホレーシオ(太田永)
あるいは
レアティーズ×ホレーシオ

カメラを向けたら何故そのポーズ?
え?
ふぁんサービスですか?
薔薇咲かせるか、妄想竹生やさせるおつもりですか?
いいんですか?

…ぢゃあ…

おたくな私は喜んでおくことにします。


(こっちもあまり健全でない?ユニットバースのブログはこちら → 「unit BAR-th発信基地」
[PR]
2007年 07月 27日 |
さて、「ハムレット」の稽古場。

稽古場に居たウッチー(内田慎二)とやっちさん(栗原康子)にカメラを向けると…
e0088684_2355553.jpg

早速ポーズを決めてくれる。
でもね…
これ、2枚目なのさ。
この前にもう1枚あったのさ。
撮った写真を確認した二人、「これじゃ駄目」と更にポーズ。
何やらこだわりがあるらしいよ。
さあ、これから出番だってのにね。

やっちさんも声の仕事をしている方。
ビオレママの声もそうなんだよ。

今回、歌声も披露してる。
まだ私は出番の関係で1回しか聞いてないんだけど、これまた上手いのだ。
その場面、見るの楽しみなのだ。ふふふ。


さてさて、全国のスタジオライフふぁんの皆様、お待たせいたしました。
あ、そうそう、ライファーって言うんだってね。
なるほど。

ってな訳で、本日の山﨑康一氏の登場です。
ばばーーん!
e0088684_1103892.jpg

…ごめん。
こんなんしか撮れなかったよ…。

この人、稽古場でよく、ごっきゅごっきゅと水を飲んでいる。
そして飲み終えたペットボトルを最後にべこんと潰す。
何だか毎回
 べこん
その音が聞こえたら、「あ、水飲み終えたのね、はいはい」と思う。
静かなる、いや、はっきりとした自己主張なのか?!

とりあえず、演出家はそれをみて笑っていた。
[PR]
2007年 07月 21日 |
e0088684_13431643.jpg

昼は「ハムレット」の稽古。

雨が降るかも?と思っていたが、まだ割と爽やか。
稽古場のベランダに出て、ぼーっと台詞覚え。

ハンモックとかあったら幸せかも…。

また雨が降るのかなぁ…
夜はuB「KOWAI」の稽古場に移動しなきゃいけないんだよなぁ…。
[PR]
2007年 07月 17日 |
シェイクスピアってさぁ。
ひたすら喋るよね。

おいらの役はガートルードで、この役は比較的科白が少ないわけだ。
でも、実際には一緒に出てる人はどどーっ!と喋ってたりするのさ。
って事は、途中で突っ込みを入れる立場としては、相手の科白も多少は覚えなくちゃなんないわけで…。
しまった!と思っても、もう後の祭り。
もうやるっきゃない。

今日の稽古で、国王クローディアスと王妃ガートルードにポローニアスがご報告するシーン。
ここはポローニアスの独壇場で、王と王妃は気圧されて見ているだけ。
このシーンのポローニアス・うっちー(内田慎二)はひとりで喋りまくってる。

台本、見せてよ。
e0088684_2201553.jpg

おおー、すごいね。
真っ赤だね。

「すげー、目がチカチカする」
と、ハムレット・やすいち(山﨑康一)。 ←﨑の字はこれ!
まあ、蛍光ピンクで印付けたら目はチカチカするけど、
あんたもそれ以上に喋ってるから…。


んじゃ、写真撮ろっか。
e0088684_2241085.jpg

いやいや、二人とも顔つくんなくても…。
うっちー、口が台形だよ。
サービス精神旺盛なんだよね…。


(unit BAR-th のブログは → こちら
[PR]
2007年 07月 15日 |
今回の「ハムレット」のタイトルロール・ハムレット役は
Studio Life の山崎康一氏。

崎の字はホントは大じゃなくて立を使う方らしい。

今回ブログネタにすることによって、どんどこ山崎ふぁんがこのブログを見に来てくれないかな~という魂胆のもと、山崎氏をリスペクトします。
さぁさぁ、スタジオライフふぁんの皆様、寄っといで~。

6月某日(早!)「ハムレット」の顔合わせがあった。
今回、ほとんど知らない顔ぶれ。
ハムレット役すら知らなかった(ごめん)
この公演のハムレット役はダブルキャスト。
1幕と2幕でハムレット役とレアティーズ役が何故か入れ替わる。
(つまり山崎氏は1幕ハムレット、2幕レアティーズ)

テーブルの向こうに何だか変な人が居た。
きのこ頭である。
そして目がすわっている。
何だ、この人?と思っていたその人の口からハムレットの科白が流れ出た!
おおおー!
この人がハムレットなんだ~。
だからきのこ頭なのか?
気合入れてるのか?
まだ6月だぞ?

朗々と喋るハムレットの科白。
ううむ、熱いなぁ。
さすがだねぇ。
でもきのこだ。

ちなみにきのこ頭とは、眉の上で一直線に切りそろえられた前髪が
そのままぐるりと頭を一周したおかっぱ頭の事である。

その日の終了後、時間がある人はみんなでお茶をしたのだが、
そこに彼の姿は無かった。
ただ疑問が残るのみ…

数日後、ついにその疑問が解ける時がやってきた。
彼は「ロミオとジュリエット」の公演中だったのだ。
彼の役は僧ロレンス。
あの時代のフランシスコ会の修道僧の頭なんだ!

そして公演が終わり、彼は普通にかっこいい頭に戻ってしまった…
ようやく見慣れてきた頃だったのに…
あの頭が「母上!」と迫ってくるのだ。慣れないわけにはいかない。
…つまらん…

残念ながらきのこ頭の写真は無い。
仕方ないので現在の写真を撮らせろ!と迫ったら…
e0088684_2350953.jpg

何でブロマイド風やねんっ!


さて、稽古場風景も撮ろうと構えたら、わらわらと集まってきた男達。
わざとらしくポーズまでつけてくれる。
e0088684_044571.jpg

左・山崎康一、中・内田慎二、右・大沢一起(敬称略)
ありがとさん。

ん?
これは果たしてリスペクトと呼べるのだろうか?
ご心配なく。
まだまだ続くよ~

山崎ふぁんの方からのコメントを心待ちにしております(見つけてくれるかなぁ)
[PR]