声優・役者な葛城七穂の   ゆらゆら生活あれやこれや
by n-katsuragi
カテゴリ:エリザベート・ガラコン2012( 12 )
|
2012年 10月 01日 |
東京の夜はすんごい風でした。
今はだいぶ落ち着いてるみたい。

皆様の地域はいかがでしたでしょうか。
被害のたくさん出ているところもあるみたいですね。
お見舞い申し上げます。


さてさて。
9月の最終日はVIVID COLORオフ会というものに参加、というか後ろから見守っておりました。
台風を心配しながらの、しかしその中を果敢にも参加下さったみなさま、ありがとうございました。

ステージ上は、なんとも自由な空間で、歌って、喋って、ポーズして、飲んで、食べて、飲んで、飲んで…。
最後の方はいい感じになっちゃってる女優陣も。
なかなかの阿鼻叫喚。
みんなきちんと交流もてたかな?



いよいよ明日から、エリザベートガラコンサートは本格的に稽古突入。
日替わり組の皆さまともようやく会えます。
ん。楽しみ。

前回公演のDVD流しながらひとりでガリガリ歌ってみてます。
これは6年前なんだ~とか思いながら。
よく見てみると、前回公演から引き続いて出てる人って少ないのね。
まゆさんとずんこと私、あれ?それから誰?そんちゃんとか大鳥れいさんとか。あとは?

とにかく全公演出演組はみんな若い。これだけは確かです。
きちんと覚えられるかしら…。

昨日の衣装合わせでも、冷や汗かきながら。
プロフェッショナルな衣装部さんの存在に感謝。
お直しもろもろお世話になります。

宝塚時代は当たり前に受け止めていた環境が、
いったん外に出て、しかも自分で芝居を作るようになると身に染みて思う、
ありがたみ。
ほんとに恵まれていたんだなと。
スタッフという人材ひとつとっても、それを揃えるのだって大変なんだから。


だからそれに感謝しつつ、今はこの環境を思い切り楽しもうと思います。


もう10月なんだね~。
[PR]
2012年 07月 02日 |
えー。
先日発表になったので、こちらでも報告します。

「エリザベート ガラコンサート」に今回も出演します!


~TAKARAZUKA WAY TO 100th ANNIVERSARY Vol.4~
「エリザベート スペシャル ガラ・コンサート」

東急シアターオーブ
2012/11/6(火) ~ 2012/11/21(水)

梅田芸術劇場メインホール
2012/11/25(日) ~ 2012/12/3(月)

1996年の雪組による初演以降、各組で再演を重ねてきた宝塚歌劇版「エリザベート」。
歴代キャストに加え、特別出演として、紫苑ゆうがトートを、初風諄がゾフィーで登場。
組や時代を超え、組み合わせも新たによみがえります。
そしてDREAMバージョンは、宝塚歌劇版「エリザベート」の歴代キャストとニューキャストが次々に登場するガラコンサート決定版!まさに夢の共演が実現しました。

物語の流れや衣裳の豪華さはそのままに、重厚で情感豊かな音楽をダイレクトに、臨場感たっぷりに感じられるよう、オーケストラがステージ上で生演奏。各キャストが役を演じながら全てのナンバーを歌い継ぎ、楽曲の魅力をお届けします。
(公式HPより)

公式HPはこちら → 梅田芸術劇場


という訳で、今回のガラコンにも参加です。
前回も参加したガラコンは2006年だったんですねぇ。
ミュージカル「エリザベート」上演10周年記念ということで、
初演メンバーだった私も10年ぶりかぁと思いながらやってました。
今回は20周年で、「あれ?計算が?」と思ったら
ウィーンの初演から20周年だそうです。
宝塚歌劇団は100年です。
すごいなぁ。
100期生ですものねぇ。

一路さんもおっしゃっていたようですが
当時の雪組生がひたすら手さぐりで必死に、一丸となって作り上げた思い出深い作品。
聞いたこともない不思議な不協和音。
手さぐりのうちは気持ち悪いのに、出来上がると何とも美しいメロディ。
見本もないのでホントに苦労して取り組んでいたんですよ。

だからもう、大好きなんです、この作品。

しかも。

今回はその時のメンバーが集結って!!!

東京の初めの3日間はメインメンバーが雪組初演メンバーです。
今から涙出そうです。
イチロさんにユキちゃんに、イシちゃん、たーちん、あっこにお花、はつねちゃん。
嗚呼。
楽しみです。

詳しくは上記の公式HPでご確認下さい。


ようやく発表できてホッとしてます。



ええと。


……


私の連絡先を知っている方で、チケットご用命の方は、是非是非お早目にご連絡ください。



よろしくお願いいたします。
[PR]