声優・役者な葛城七穂の   ゆらゆら生活あれやこれや
by n-katsuragi
カテゴリ:ゆらゆらした日常( 430 )
|
2012年 07月 15日 |
すんごい風が吹いていたり、ド真夏な陽気だったりな日々が続く東京です。
映像でものすごい勢いの河川の状況も見ます。
九州方面の方々、お見舞い申し上げます。
 


さて。


ランチに訪れた初めてのカレー屋さん。
店員さんはどうやら皆さんインド方面系の方々の模様。
日本語も堪能。
しかも、優しい。気持ちいい。

お客さんもそれなりに途切れず来店。
おや、良い店にあたったのかも。

ランチセットメニューは殆どドリンク付き。
ラッシーやらアイスコーヒーやらウーロン茶やらのアイスドリンク系から選べる。
しかも。
それとは別に、ホットコーヒー・ホットチャイはフリードリンクでご自由にお飲みくださいと!
そんなところも気持ちいい。

カレー2種にナン・ライス、サラダ、タンドリーチキンの付いたセットを頼む。
カレー、美味し。
ナン、あちあちで美味し。
ライス、ちっちゃな器にちょっと。でも、ナンでかいし、ま、あるだけ嬉しいし。
チキン、小さいかと思ったが結構食べごたえあり。

総じて美味し。

だいぶ食べ進んだ頃、そおっとナン・ライスのおかわりは?と聞いてくれた。
嬉しかったがおなかもいっぱいになりそうだし、丁寧にお断り。

お客さんに欧米系の外人さんがちらほら。
私の隣に座ったおにーさんも。

日本のまちの小さなレストランで、インド系の店員さん達と欧米系のおにーさんが繰り広げる日本語の会話。
それが妙に流暢だし、たまに英語交じりだしで、何とも不思議な光景。


なんかあったかい空気の流れるお店。
こーゆーお店、好きだな。
[PR]
2012年 07月 12日 |
若い女の子向けのブティックや、雑貨屋などで聞くことが多くない?
女性店員さんの
「いらっしゃいませーーーーぇ(↑)、どうぞご覧くださーーーーぁい(↑)」(全て語尾上げ)

これが延々と繰り返されること。
よく聞かない?

あれは多分、店内の客に対しての声掛け、そして店内の活性化、及び店外の客に向け活性化している店内の様子をアピールしての呼び込み。
こんな感じの目的なのではないかな?

そんなつもりで店長は店員に「積極的に声を出していきましょう」と
通達しているんじゃないかなと想像している。
これ間違ってるかな?

うん。ここまではいい。理解(多分、合っていたとして)できる。

でも。

非常に気になるのが。

声出しがマニュアル化してしまって、本来の目的を見失っているんじゃないかという場面によく遭遇するのだ。


某日。
小さな雑貨店。
ふらりと入店する。
たちまち声がかかる。
「いらっしゃいませーーーーぇ(↑)、どうぞご覧くださーーーーぁい(↑)」

面白そうな小物の数々。ゆっくりと見てまわる。
「いらっしゃいませーーーーぇ(↑)、どうぞご覧くださーーーーぁい(↑)」

ゆっくり見てまわる。
「いらっしゃいませーーーーぇ(↑)、どうぞご覧くださーーーーぁい(↑)」
他に客はだれもいない。

「いらっしゃいませーーーーぇ(↑)、どうぞご覧くださーーーーぁい(↑)」
うん、見てるよ。

「いらっしゃいませーーーーぇ(↑)、どうぞご覧くださーーーーぁい(↑)」
声出してる店員は在庫整理しながら声だけ出してる。
誰かに向かって言っているのではない。

「いらっしゃいませーーーーぇ(↑)、どうぞご覧くださーーーーぁい(↑)」
狭い店内。
ただレジ横にいる店員とただ入口付近をうろうろする店員と機械的にキンキンとした声出す店員。
そして客は私ひとり。

「いらっしゃいませーーーーぇ(↑)、どうぞご覧くださーーーーぁい(↑)」
全て同じ音程。同じ音量。
いい加減、私のイライラ度はマックスぎみ。

もう喉元まで
「ねぇ、誰に向かって、何のために言ってるの?」
と出かかっていた。

「いらっしゃいませーーーーぇ(↑)、どうぞご覧くださーーーーぁい(↑)」
欲しいものもあったが、その声にげんなりして店を出た。


マニュアル通りにこなすのは間違っていないかもしれない。
でも、結果お客を逃がしたんだよ、君達は。
ちょっと想像すればいいのだ。
自分が何のためにこれをやっているのか。
今の状況は何なのか。
それを受け止めた人がどう思うか。



ツイッターでも書いたけれど、改めてこちらでも書いてみる。

家の近所のレンタルビデオ店。
その時はアルバイト店員、ひとり。
見たいビデオリストを渡して在庫を調べてもらう。

少し古い作品ばかり。
店員、一作品ずつPC上で調べる。

しばらくして
「ありませんでした」
「ええと、他の系列店舗にも?」
「はい」
「……ありがとう」

彼はやるべきことはやっていたと思う。
それは間違っていないだろう。
きちんと調べたし、無かったから無いと言った。

でも。

彼に心があったら。
「すみません」の一言があったら。
せっかくわざわざ来てくれたお客さんの期待に応えられなくて残念です、
という気持ちをにじませた声だったら。

私はホントに心から気持ちよく「ありがとう」とお礼が言えたと思うんだよね。

接客業はホスピタリティが大事だと思う。
要は想像力。


ちょっと想像してみたらいいよ。



…自分への戒めも込めて。
[PR]
2012年 07月 07日 |
ニュースで見かけたら、ひとめ惚れしちゃいました。


自動車に。



光岡自動車のビュートです。

なんともクラシカルな風貌で、でも国産。

手作り感満載で、愛らしい。

はう…。

e0088684_18222713.jpg


光岡自動車は日本で10番目の自動車メーカーだそうで、
「小さな工場には、夢がある。」
と謳っている会社です。
何かいいなぁ、と。


東京ではあまりに電車でのアクセスの方が便利なので、
どうしても車所持を諦めて、その分家賃に組み込んで考えてしまうのですが、
車所持のメリット部分も非常に感じているので
やっぱり車欲しい!!と常日頃からおもっているのですよ。
なかなか維持費とか考えるとね…難しかったり…ね…。

ああ、でもこんな車見ちゃうと欲しくなるなぁ。

宝くじ、当たらないかなぁ。
[PR]
2012年 06月 28日 |
ひとみちゃんと明治神宮の花菖蒲苑に。
平日の突然の誘いにも快く乗ってくれるありがたい友人。
私も彼女も会社勤めではないため、土日より平日に身体が空くことが多い。
そーゆーの結構大事。
e0088684_23295283.jpg

平日お昼の花菖蒲苑。
暑くなってきたけれど、明治神宮の豊かな杜のおかげでさわやかな風が心地よい。
e0088684_2330221.jpg

池の鯉もぶりぶり肥えているし
e0088684_23301729.jpg

杜に住み着いた狸も人間を怖がらずにリラックスした表情。

そして、ずっと行きたかったここ。
パワースポット清正の井戸。
e0088684_23305094.jpg

TVで取り上げられて一時期は数時間並んだという。
今は井戸の脇にガードマンの方が一人いらして、みんなが順番に写真を撮ったり手を浸したり。
ほんの少し並んだだけで井戸の前に立つことができた。

本殿にもお参りして、なんだか身体中リセットしたような気分になり新宿に移動。
「農家の台所 くにたちファーム」でランチ。
e0088684_23304832.jpg

美味しい野菜のサラダバー。野菜が甘い。うまい。
e0088684_23311243.jpg

野菜たっぷりランチで、ひとみちゃんと「なんか楽しーよねー」ともりもり食す。


そして。
前夜に一夜漬けして予習した映画を観る。
アニメ「図書館戦争 革命のつばさ」

原作・有川浩の魅力を熱く語るひとみちゃん。
ひたすら原作本、及びその他の有川作品を読んでみたくなった。
読むのが楽しみだっ。

夕べから図書館戦争三昧の私は、映画も十分に堪能する。
何か、素敵。可愛い。何か、いい。


その後、昭和レトロな喫茶店でひたすら喋り、解散。

楽しかった~。
そう。
ホントにこーゆーの大事。
[PR]
2012年 06月 24日 |
ものすごーーく久しぶりにボイストレーニング。
いい加減に使ってる声帯を見つめなおす作業。
新たな見解からのアプローチが自分の中で新鮮。
でもこれからが大変なのかな?

昔々から今日までの、歌の個人レッスンに通った日々が思い出される。
いろいろな先生に出会ったし、いろいろな曲に出会ったなぁ。

それほど歌に特化してレッスンしていたわけではないので
歌手の人などに比べたら全然及ばないレッスン量なのだけれど、
それでもそれなりの私の歴史があるのでやっぱり色々な思い出。

引っ張り出した譜面の数々。
譜面って財産だなって思う。
決して二度と手に入らない譜面ってあるものな…。


そして、その後。

何年も気になりながら通り過ぎていた喫茶店にトライしてみる。

やだ。
いいじゃない。
日曜の午後。小さな店内、ほぼ満席なテーブル。
ドリンクプライスも良心的。
なによりフードメニューがきっとすべて手作りなんだろうなと思わせるラインナップ。
しかも魅力的。

が、まだ夕飯には早いので、でも気になるということで
かぼちゃのプリンとアイスコーヒーというセレクトに。
e0088684_23142353.jpg


かぼちゃプリンのデコレーションが丁寧。
優しい甘さ。
ドリンクとセットで600円を切るとは…。

今度はしっかりフードメニューにも挑戦しよっと。



TVで。
懐かしい曲が流れる。
途端に、その曲を使った公演の時の事がフラッシュバック。
もう20年以上前の話。
涙が出そうになってる自分に気付く。

音楽って怖いなぁ。
そして素敵だなぁ。
[PR]
2012年 06月 24日 |
なんだか。
自分がバラバラだなぁと思ってしまった本日。

こまぎれに呟いてみたいことが降りてくるんだけれど、
これは中身を伝えるには140文字では足りないからブログかな?とも思い、
いざPCに向かうとブログネタほど中身もない。

そんなことの繰り返し。

そして一方方向には異常に研ぎ澄まされてきた感のある事。
でもそれ以外では、主に日常内では全体に霞がかかっているような。
単にダメ人間化しているのではとも思う。

頭と気持ちと身体と行動力がバラバラ。

なんなんだ。



こんなこと垂れ流されたって、読まされる方はいい迷惑だよねぇ。

私だって心がハッピーになる素敵ブログの方が好きだもんなぁ。


そだ。
ハッピーネタ。

ついにこの子が帰ってきました!

じゃんっ!
e0088684_0412870.jpg


るいびとん様のキーホルダー付カードケース(かな?)

以前ツイッターでも呟いたんだけど、
もうかれこれ15年以上昔からの愛用品。

もうすっかりボロボロのハゲハゲなんだけど、サイズがちょうどいいのよ。
そしたらある日、ぽろっとファスナーの取っ手?の金具部分が取れたのさ。
で、これは壊れたのか、それともはめたら直るのか知りたくて、
とりあえず、るいびとん様のショップに持って行って聞いたのだ。

新宿通るついでに行ったんだけど、それでも天下のびとん様しょっぷなもんで、
ガードマン的おにいさんは居るわ、黒でまとめたおねいさん達はみんな綺麗だわ、
とまあボロケースを出すのもおこがましいというか何というか、
そんな気持ちにさせられるわけで。
でもそんな気持ちは悟られまいと、顔だけは優雅にボロケースを差し出しましたがな。

結果。
それは確かに壊れており、修理は可能で、しかも廃盤商品の為、無料金具交換をしてくれるという!!!
綺麗なおねいさん、ありがとう!
るいびとん様、ありがとう!
だって、そのサイズが好きなのよ。
新商品はでかいのよ!
このサイズがいいのよ!

で。
上記の写真と相成るわけです。
ね。よく見て。
金具だけピカーーッと光ってるでしょ。
ふふ。
[PR]
2012年 06月 19日 |
だるだるな、その後。

久々にジムなぞに行って、汗かいて身体あっためてから再びリンパドレナージュ。
前回から2日後という短いスパンだが、あまりのひどさにもう一度来てくれとのご要望もあり、
いざ出陣。
果たして今回は、というと。
「きゃー、今日は流れますっ!」
と非常に喜ばれる。
いや、私が嬉しいです。

短期間集中が良かったのか、身体をしっかり動かしてから行ったのが良かったのか、
総合理由なのか……、結果が出てくれるのは嬉しいけどね。

そしてさらにダルダルになった翌日。
目覚ましかけたのに二度寝の罠に嵌る……。



さてさて。
ツイッターでもつぶやいたけど、
夕飯時、てろてろと歩いていると小さな天麩羅やさん発見。
カウンターのみ、決して高級そうではないし、表に出した黒板を見ても
非常にりーずなぼーな定食値段設定。
意を決して入口に立ってみると「どうぞー」と大将に促され、カウンターの端へ。
カウンター天麩羅にお一人様なのだわ!
ふふ。

わたくし、実はそんなに飲めないのだけれど、大将の
「飲む方ならこちらがおすすめ」
と言われた晩酌セットを見ると
生ビール・小鉢・天麩羅5品 1000円
「これにあと追加されても良いですよ」と。

大将の勧めるままに従いますです。

この店、ベーシックな天麩羅の定食が880円~なのね。
安い。
まあ、安いなりの野菜のサイズかなとも思うけれど、
それでも一品ずつ揚げては出してくれるのだから、これは嬉しい。

そして。
私の横にあった箱からびちびちと取り出されるアナゴ。
カウンターシンク内で暴れている音が聞こえたかと思う間もなく
どんどんさばかれている模様。
しばらくすると隣の席のご婦人に供された活穴子の一本揚。

はい、私も頼みましたがな。アレ下さい。

ほわほわで美味しかったですよ。
大将の「半分は生姜醤油で召し上がってみます?」
の提案に喜んでのって、それも正解。
骨の揚げたのも付いて600円。

大将がちょっとだけサービスで出してくれたものもあったけれど、
これだけで結構おなか一杯になり幸せ気分に。

ちょっと大人な時間を過ごしたような気持ちになれるひとときでした。
(いや、あんたもうじゅうぶん大人やろ…)
[PR]
2012年 06月 15日 |
仕事終わって、今日は身体メンテナンスデーといたします。

整骨院にてばりばりほぐしてもらい、ばりばりハイボルトな電気をかけてもらう。
先週は首のこりがひどすぎて気持ち悪い日々。吐き気との闘い。
整骨院も鍼灸院も行ったけど大変だったなぁ。

今週は先週よりもまだ楽。

整骨院治療が終わってそのままリンパドレナージュに移動。
治療院とサロンが併設されているので、そんな荒業ができるのだ。

ほぐしてから流す。
これだね。

とは言え、リンパの先生に「これホントに電気かけたんですよね?!」
と言われるほどの私の身体。
あう。

リンパ終えてダルダルな今の私。
ダルダルしながら家に帰りついてTVをつけたら高橋容疑者が逮捕されてた…。



さてダルダルな私は先日撮った可愛いラテアートでも眺めることにいたします。

e0088684_22392484.jpg

[PR]
2012年 06月 14日 |
しれっと更新してみよう。

古い写真だけど。
e0088684_23274493.jpg


先月グアムにて、どーんと虹が出た!の写真。

虹、いいよね。
見られたら何か幸せな気持ちになれるよね。

バスの中で気付いて、スーパーの駐車場で携帯構えてたら、
他のアメリカ人らしき人々もみんなわらわらと駐車場まで出てきて
携帯カメラを構えてた。
それ見てまた何か嬉しくなったりして。


パソコンを新調してから色んなデータを中途半端に移しそびれていて、
このブログもなんだか疎遠に。
ブログ更新ってクセみたいなものかもしれない。
更新するクセ。そしてサボるクセ。

見てもらえると嬉しいし、反応があると嬉しい。
でも実名を出してやっている以上メリットもあればデメリットもある。
そんなことわかった上でやっているけど、サボり始めるとなんだかそれも楽だし。

とか言いつつ、他の素敵ブログは巡回するのを非常に楽しみにしている自分もいるし。
毎日コンスタントに更新し続けているブロガーさんてホントすごいよなぁ。

ってなわけであんまりストレスにならないよう、のんびり向き合っていこうかなぁと
考えている今日この頃であります。(前からか?!)

ふらりとやってきて更新します。
よろしくお付き合いください。
私は元気です。
[PR]
2012年 03月 06日 |
わっは~。
久しぶりだなぁ、自分のブログ…。

さぼり始めるとホントに来づらくなりますな。
悪いスパイラルです。

久々に来たら、エキサイトの仕様も変わっていて。
何だよ、このファンっての。
知らないよー。
ネームカードもなくなってるし。


先日、担当していた学生さん達の卒業公演が終了し、ほっと一息ついたところです。
若者たちのあふれるパワーに、最終集中稽古週間にはすっかりエネルギーを吸い取られました。

うちのアフリカ座座長にそう言ったら、
「思い知ったか。オレは毎回だ。」
と言われましたよ。
演出家は大変なポジションでございます。


さ、たまには何か書かなきゃと、お茶を濁して本日は帰ります。

また!
[PR]