声優・役者な葛城七穂の   ゆらゆら生活あれやこれや
by n-katsuragi
カテゴリ:わたわたしたお仕事( 69 )
|
2008年 08月 29日 |
9月20日に公開される映画「WANTED」の日本語版・初号試写に行ってきた。

というのも、この日本語版にちょこっとだけ出ているからなんだけど。

さて、この「WANTED」

監督: ティムール・ベクマンベトフ
      『ナイト・ウォッチ』『デイ・ウォッチ』
出演: アンジェリーナ・ジョリー
     モーガン・フリーマン
     ジェームズ・マカヴォイ
原作: マーク・ミラー「WANTED」

という事で、主演俳優の日本語版は今をときめくDAIGOさんなのだ。

実は、私たちが収録していた時点で、
この主役を誰がやるのかは知らされていなかった。
なので、この試写会が初DAIGOワールド体験。

で。

おおお!なるほど~~~!

ネタばれになる可能性もあるのであまり詳しくは語れないが、
何故今回この役がDAIGOさんだったのか、わかったような気がした。

映画自体は簡単に言ってしまえばスタイリッシュなアクション映画。
でもベースは奥が深そう。

この試写会では私はすっかり一観客として楽しんでしまった。
そう、楽しかったのだ~!
自宅の小さなテレビでチェックしてたあの映画が、
大きなスクリーン・立派な音響設備で観るとこんなにもすごかったのか、と。
やっぱり映画は大きなスクリーンである。

この「WANTED」はそういう大きいスクリーンで観た方がより楽しめる映画だしね。

というわけで是非、映画「WANTED」日本語吹き替え版をよろしくなのだ!!


9月20日公開 「WANTED」 公式HPは → こちら



※ ※ ※

そしてもう一つの映画のお話。

仲良しのがっちゃん、そう文学座の山像かおりさま。
彼女が出演してるショートムービーのお知らせ。

Iori Apartment制作の「晩夏の蝉」
約10分位のショートムービーなのだけれど、
びっくりがっちゃんのセーラー服!が観られます。
ま、そこには必然もあって、で、それがおかしく感じられない彼女のすごさ!
けだるい夏の終わりの映画です。

で、この作品、東京ネットムービーフェスティバルに参加中。
これはWEB型投票システムになっていて、9月10日時点の投票数上位5作品が
決勝に進出できるらしいのだ。

なわけで。

みなさま、まずは ここ に行き、映画を観て
そして会員(無料)になって、三ツ星をつけて投票しよう!

おいらも投票してきたよ!
[PR]
2008年 08月 16日 |
行ってきた。
ネットTV『森山花奈の萌えリンピック』

アフリカ座の稽古を途中で抜けさせてもらって秋葉原のスタジオへ向かう。
その分、宣伝せねば、と気負って行ったのだが…。

楽しんでしまったことだよ…。

さすがネットTVのゆるい感じ。
そろそろ始まるよ~、行こっか~。的な。
いいねえ、なんか、そーゆーの。
でも、やるときはやるプロな人たち。
e0088684_0533856.jpg

森山花奈ちゃん、ちっちゃかった!
150センチだって。
おいらと23センチも違うんだよ。
並んだらおんなじ種類だと思えないよ。

いいね、可愛くて…。

ゲストアイドル・飯田順子ちゃんも細くて美人さんだった。
おんなじ種類なのに…。

もうひとりのゲストさんがレイパー佐藤さん。
(おいらはこちらの種類だな、きっと)
いやぁ、あいかわらずすんばらしいマイクパフォーマンス!
これ絶対見るべきだよ!
目の前で見てるのに、その音が目の前で出ているとは到底思えない!
なんだ、その音は?!
かっこいいなぁ。

てなわけで、しっかり楽しんでしまったかつらぎなのですが、
この生放送、再放送もされるみたいなので、レイパー佐藤さんを見る為に(?)
放送日チェックしてアクセスしてみて下さい。
→ 『森山花奈の萌えリンピック』

そして。
エンジェルゲートをくぐったおいらに幸せが訪れる事が約束されたのであります。
e0088684_0571012.jpg

シリアルナンバーは「67」
うふふ。



 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 
【かつらぎ舞台出演情報!】
2008年8月22日(金)~24日(土)
 アフリカ座Presents
  「ターャジス」 ~そうだ、コントをやろう~
@Live Cafe BENTEN
チケット:3500円(日時指定・全席自由)
チケットお申し込み・お問い合わせ
 メール: africa_za123@yahoo.co.jp まで
   *お名前 *日時 *枚数
   *よろしければ「葛城のブログを見て」とお書き添え下さい。
     (葛城が喜びます)
  を添えてお申し込みくださいませ。

詳細は → こちら
[PR]
2008年 07月 04日 |
キララちゃんのヘアメイクを済ませて、アニメの現場へ。

初プリキュアだった。

その現場で一緒だった子に言われた。
「今夜、ゴルゴ、オンエアですよ」

えー。今日だったんだ。


今、ゴルゴ13って夜中にアニメでやってるんだよ。
知ってた?
しかも!ゴルゴは舘ひろしさんだよ。

ちょっと前にそのゴルゴの13話に呼ばれた時も、
その教えてくれたかの女と一緒だったんだよね。
で、その時の収録分が今夜放送ってわけ。

ま、おいらはその回、ほとんど喋ってなくて、
その日のメインゲストだった堀内賢雄さんが一人で喋ってる状態だったんだけど。

でも、そのおいらよりもっとしゃべってないのがゴルゴだった…

ってまあ、そんなゴルゴ13、第13話「クロスアングル」は
7月4日 深夜1時38分から、テレビ東京系列でオンエアらしいよ。


明日5日(土)の「エンタの神様」も虹組キララ登場だって。
[PR]
2008年 04月 01日 |
しばらく更新していないと、罪悪の念にかられて、よけいに手が出せなくなりますな…

すびばせん…

気を取り直して…

4月です!

春ですな。


そんな時期には行く人、来る人。

「ER」の収録現場でもスタッフの追い出し会がありました。
その時、キャスト・スタッフから用意した花束。
男性向けにちょっとスタイリッシュに造ってもらいましたが、どうでしょう。
e0088684_033219.jpg


収録後の飲み会で、普段そんなに飲まないのにチョコッとだけ飲んでしまったクレンショー佐々木睦さん。
店を出た途端、何故か電柱にもたれて熟睡?!
もしかして眠ってる?とよーく見ても、やっぱり寝てる…

あんまり面白いんで、電柱の反対側にモリス渡辺穣くんを配置して写真に撮ってみるっ!
e0088684_0385244.jpg


これ実は、姿勢の良い右側の方が佐々木さん。
左側で何だかしまりが悪い方が穣くん。
穣くんの方がきちんと起きてるのに…

皆でわいわいと写真を撮ってから、ようやく目覚めた佐々木さん。
ブログにアップしてもいい?と聞くと
「だめーっ!やめてーっ!」

でもその後ろから円企画のマネージャーさんが
「あ、いいですよ。(c)円企画で!どうぞ、どうぞ!」

うっふふ~ん。
所属事務所さんからの許可があればもうこっちのもんだもんね~
載せちゃおーっと。

それにしても佐々木さん、その清々しいまでの姿勢の正しさには脱帽です。
[PR]
2008年 01月 25日 |
このひとつ前の記事、雪の日の仕事。
仕事が終わって、夜、スタジオを出たら雪はやはり雨に変わっていた。

この日の仕事は映画のアテレコ。
許可を頂いたので書いちゃうと、
タイ映画
「マッハ!エンジェル -Chai Lai-」

さすがの?タイ映画といった感じの、コメディ・アクション映画。
そこはかとなく某有名洋画の香りがする。
何とも楽しい。
春あたりにショップに並ぶのであろうか…?

収録後はお疲れ様飲み会。
e0088684_0364778.jpg

どどーんと、ディレクター高橋秀雄氏。
高橋氏とは、とーってもお久しぶりにお仕事をさせて頂いた。
写真を、とお願いすると、では両指を、と提供して下さる。
しっかり顔も写しちゃうもんね。

e0088684_0474918.jpg

こちらは美人女優陣。
これもお久しぶりの魏涼子ちゃんと、多分初めましてだった大村香奈子ちゃん。

いいねぇ、魏ちゃん。
まわりの人をHAPPYに巻き込む明るさ。
いやぁ、素敵です。


そしてその翌日である今日は…
朝からアニメ。
しっかり2本収録。
1本に2話入っているので、体感は4本収録した気分。

夕方、フォーシーズンズホテル椿山荘へ。
漫画家・星野めみさんに講談社の新年会パーティーに同行させてもらったのだ。
e0088684_173337.jpg
やっぱりシックで綺麗なホテルである。

キャラメルボックスの岡田さつきさんもご一緒に。
我々はめみさんのお供なのであって、実は関係者ではない。
そんな我々も快く受け入れて下さる講談社さん。
さすがの懐の深さなのである。
がっつり美味しいご飯を頂く。


このパーティでびっくりの再会が!
作家の花井愛子さん。
実は私の中学高校の先輩にあたる。(同時期には居なかったけれど)
めみさんも、花井さんも私はそれぞれ20年来位の知人だった。
そのお二人がお知り合いだったなんて!
3人でびっくり。
こんなことならもっと早くから会合もひらけたのにね。

色々な方々ともお会いして、今日もなかなか濃い一日であった。
[PR]
2008年 01月 08日 |
さてさて。
松の内もあけきらない日曜日。
朝、都内の大通りの車は少なく、地下鉄の乗客もまばら。
そんな中での仕事始め。
神楽坂のスタジオへ。

今回の仕事で久々の再会、安藤麻吹ちゃん。
ER同期(クレオ・フィンチ先生)で仲良しさんなのだが、ここのところ電話で話すくらいで
かれこれ何年も会っていない状況だった。
もちろん昼休憩には一緒にランチへGO!
e0088684_4194334.jpg


日曜の神楽坂は意外にも人通りが多く、日曜にランチで開いていた店の前には列が作られてた。
しばらく彷徨った末、辿り着いたのは「別邸 鳥茶屋」

e0088684_4234198.jpg
おいらは名物「地鶏親子丼」
うめいっ!

e0088684_4245962.jpg
まぶちゃんはこれも名物「うどんすき」
昼から豪勢である。
ここのうどんは超極太(何たって幅2cm、厚さ1cm)

仕事の昼休憩に料亭でうどんすき…。
あまりの優雅さに、しばし仕事を忘れる。
隣の正月気分家族は昼からビール飲んでるし…。

この日、メインキャストだったまぶちゃんは、そうそう浮かれている訳にもいかず早々とスタジオに戻っていった。
休憩後の収録箇所にはしばらく出番のなかったおいらは、休憩時間を目一杯使う事に。
だって目の前には、毘沙門天。
e0088684_4393491.jpg

家の近所の小さな小さな天神さまにしか今年はまだお参りしていなかったので、ここはいっぱつ初詣。
この今日の神楽坂の賑わいは、毘沙門天さまにみんな初詣に来ているのかなぁ、やっぱり。
おみくじも引いておく。小吉。ふむ。

とここまでで時間切れ。
上島珈琲店でテイクアウトもしたかったけれど、残念ながら横目で見つつスタジオに戻る。
まぶちゃんの手にはしっかり黒糖ミルク珈琲が握られていた…。


そんなまぶちゃんのブログにもおんなじような記事が載ってるよ~ → 「まぶろぐ」
[PR]
2007年 10月 29日 |
この間、仮面ライダー電王の話を書いたんだけど(こちら)、今朝アンオンエアだったのね。
ビデオで録画してさっき見たら役名が「スネールイマジン(女)」になってた。

とりあえず訂正しておきます。

友人に教えられて東映の公式HP(こちら)を見たら、この回のキャストの事も載ってた。
ちょっと、へぇ…って思っちゃった。
[PR]
2007年 10月 28日 |
やっちまった。

何を…?

そう、締め出し。

ホテルの自動ロックでやってしまうような、締め出し。
あれを自宅で。

我が家はオートロックマンション。
部屋の鍵は自動ロックではないけれど、1階のロビーの扉がオートロック。
鍵がないと入れない。
ほんの少し、ゴミ出しやらちょいとそこのコンビニやらで家を出る時にも、鍵を持たないと再び入れない。
だけれどもまあ必ず家の鍵をかければ、その心配はないわけで。

で、その朝、ちょいと外に出て、で玄関前で鍵を探すと、無い!
無いはずはない!
だっていつだって鍵をかけて家を出るし、今日だって…、あれ…?
もしかしてかけてない?すでにその記憶無し。
家を出たのはほんの3分前。
記憶が無いなんて…。

でもまあ、中から人が出てくればその時に一緒に入れるし…って、誰もそんな都合よく出てこない。
仕方なしに、隣人に1階からピンポンして玄関の鍵を開けてもらおう…って、留守だし!
もう一人の住人にもピンポンするが、これも無反応。
他はあんまり知らないし、で覚悟を決めて大家さん宅へ。

何とか無事開けてもらって自宅の扉は…。
…鍵かけてなかったよ…。
あぶねー。あぶねー。

大家さん曰く
「よくいるわよ~、そういう人。まあやるのは大体決まった人なんだけどね。
 あなたも常連にならないようにね~」
はい、常連にはなりたくありません。


さてそんな小さな騒動のあった午後は、ERの収録日。
スタジオの玄関で会ったのは、内田直哉氏、桐本琢也氏、山像かおり氏。
まさにERのロマノにマルッチにスーザン。
ん?この人たちってもうERを卒業した人たち…?
一瞬タイムスリップしてしまったかと思ったけれど、なんの事はない、隣のスタジオで別の映画の収録だった。

そして、もう一つの再会。
じゃじゃ~ん!
天地総子さんっ!
e0088684_21145717.jpg

おいらのママっ!お久しぶりっ!!
ていうか、アビーのママ、マギーなのだ。

ママは相変わらず素敵だった。

そんなママの新しいアルバム。
「天地総子大全 フーコのコマソン・パラダイス」 → こちら参照
昭和のCMソングの女王であるフーコさんの、いろんなCM曲なんかをいっぱい集めたアルバム。
こども電話相談室とかパンシロンの歌とかね、色々盛り沢山みたい。
おいらも早速購入しなきゃ!

以前、そういうコマソンメドレーをアカペラで披露して下さった時、ホントに感動したんだよね。
えっ、あれも?それも?
そんな感じ。わくわくするよ。
[PR]
2007年 10月 10日 |
何年かぶりに大泉の東映撮影所に行く。
と言っても、映画の撮影ではない。
アフレコである。

「仮面ライダー電王」
東映の特撮もののアフレコは、やっぱり東映の撮影所でやっているわけだ。

今回は1話だけ出てくる怪人の役。
うひゃひゃひゃ。
何だか今まで男性ばっかりだったみたいで、初女性と言われ、ちょっと嬉しくなる。
こんなんでごめんなさいね。

でも、画面では女性でもなんでもなく、ただの怪人なのだ。

スタジオ内にはレギュラーの声優さん方と、主役の良太郎・佐藤健くんも。
ご挨拶もそこそこに、ざくざくと作業は進む。

既に撮影の終わっている映像。
おいらの怪人さんは、何気に女性っぽい仕草。
でも薄ーく入っている仮の声は男性のもの。
その上においらが本番用の声を乗せていくのだ。
勝手が分からないながら、何となく楽しんでやってみる。
もう少し出番があれば、もっとあれこれ遊べたかもしれないけれど、ううん、残念。
また、やってみたいなぁ、特撮もの。


帰り道、キャラメルボックスの岡田さつきさんにばったり。
「何してたの?」と聞かれ
「大泉で仕事です」と。
「仮面ライダー行って来ましたー」(日本語、変)
「電王?!」
「はい。…?」
「えっ!電王?」
「…はい」
「いつオンエアするのっ?!」
「えと、いつだったかなぁ…」
と、ごそごそと台本を取り出したら
「ああああああっ!!!!見せてっ!!!!!!」
と、目の色がすっかり変わっていらっしゃる。

どうやら電王のすんごいふぁんらしい。
「電王、面白いのよ!大人が楽しめる仮面ライダーなのっ!」
「私きちんと見てなかったんですけど、面白そうですよね」
「そうなの!DVDレンタルで出てるから観てっ!」

そのままキャラメルボックスの事務所に連れて行かれ、やはり電王ふぁんのキャラメルスタッフの方に紹介された。
彼は「先は教えないで下さいっ!」という程のふぁん。
「誰かが死んじゃってたら…、あああっ!」

すごいなぁ。
1回出ただけの私は何も知らないけれど、何もお伝えしませんでしたよ。

そんなこんなの「仮面ライダー電王」
2007年10月28日オンエアの第39話に登場です。
おいらの怪人さんは「カタツムリイマジンB」
ひゃっひゃっひゃっ!

よろしくねん。
[PR]
2007年 09月 22日 |
24日の21時から
TBS系「古代文明ミステリー幻のアンデス黄金帝国インカに眠る12の謎!!」
でちょっとだけヴォイスオーバーしてます。
2役。
わかるかな~
[PR]