声優・役者な葛城七穂の   ゆらゆら生活あれやこれや
by n-katsuragi
カテゴリ:わたわたしたお仕事( 69 )
|
2006年 07月 04日 |
アニメ「神様家族」の収録現場。

アチラの方で
「久美子の気持ちです!」
と可愛らしい声が聞こえる。

小森久美子役の前田愛ちゃんの声である。

「うわぁぁ、久美子さんの気持ち、貰っちゃったぁぁ~」
とへらへらした声が聞こえてくる。
神山佐間太郎役の岸尾大輔くんの声である。

ナニゴトかナニゴトかと、アヤシム母(おいら)

と、そこへ愛ちゃんがアヤシム母のもとにもやってきた。
「久美子の気持ちです(にっこり)」
e0088684_135324.jpg

うわぁぁぁぁ、おいらも久美子ちゃんの気持ち貰ったぁぁぁ~!

差し出された小さなピンクの小袋には、きちんと
「クミコの幸せ」
と印刷されている。

もぎゅもぎゅもぎゅ。
梅味のグミであった。

甘酸っぱい久美子ちゃんの幸せ、しっかり受け取ったぜ!
さんきゅー!
[PR]
2006年 06月 24日 |
「神様家族」の収録。
アニメの詳細は→こちら

収録現場で言いにくい台詞について盛り上がる。
そもそものきっかけになった台詞は忘れちゃったのだけど…

で、こんなのも言えないよ、と。

「アンドロメダ座だぞ!」

そして…

「ねね殿もねね殿だが、淀殿も淀殿だ!」

収録の合間の休憩中、スタジオ内はみんな口々にぶつぶつぶつぶつ…
いや、ゆっくりとなら言えるのだ。
そして口の中でぶつぶつ言う程度なら言える。
が!
早口で、緊迫感を持って、はっきりと!
言えないよ~

皆さんもどうぞ、口に出して、レッツトライ!


ちなみに「ER」での私の鬼門の単語は「セントラルライン」
[PR]
2006年 05月 11日 |
アニメ「デジモンセイバーズ」の収録日。

わくわくしてスタジオに向かう。
何せ、ようやく通信バトルが出来るチャンスなのだ。
先週は出番がなくてお休みだったし、先々週は収録後、他の用事でバトルする暇がなかったし…。

30分も前にスタジオに着く。そこにはすでに楠大典くんの姿が。
「ね、通信バトルして!」
「おう!」
現在、究極体のおいらは結構強い。初・通信バトル。勝つ。
「おお!新しいショップが増えた!」
しばらくしてゆかなちゃんがやってくる。
「バトルして!」
「うん。あ、ウンチ片付けてからね。」

収録中、情報交換が行われる。
バトルの裏ワザ、チョコレートの出し方、デジモンのウィンク…。

思い起こせばあれは一ヶ月ほど前の収録後、我々デジモンレギュラーは、スポンサーであるバンダイの方から、番組開始に合わせて発売されたおもちゃ「デジヴァイスic」を渡された。
簡単に言ってしまえば(語弊があるかもしれないが)デジモン版たまごっちである。
それぞれ持ち帰った我々は、各々自分のデジモンを育て始め、収録日に持ち寄っては育てたデジモンを熱く語るのである。

はっきり言って、異様な光景だと思われる。
いい年した大人が頭をつき合わせて、手の中の小さなゲーム機をカチカチカチカチ…。

「デジヴァイスic」談義は収録後の飲みの席でも更に続く。
デジヴァイスを持ってない参加者にはさっぱりわからない話。いい迷惑だ。
e0088684_19243713.jpg

各々のデジヴァイス写真。
所有者は、楠大典(左上のオレンジ)、永井愛(ブルー)、葛城七穂(手前オレンジ)、ゆかな(ピンク!ララモン特別ヴァージョン!)
(その隣の赤い七味は、持ってきていなかった中井和哉氏の提出品。)

いつまでも子供の心を忘れない我々なのであった。


詳しくは→デジモンセイバーズ・オフィシャルサイト

ちなみにおいらの役はクダモン。オフィシャルサイトのキャラクター紹介を参照してくれい。
[PR]
2006年 04月 12日 |
帰ってきた!

ネットTV初めて出たよ。
「IKKAN & 東村アキコの NAKANO23」
  
「まんだらけ」さんのサイトの番組の一つ(多分)で、スタジオも中野ブロードウェイの中の小さな一室。
IKKANさんもアキコちゃんも私も中野区民。とってもジモティな番組。
飲み会する前に45分間、ちょっと雑談するつもりで来て!と言われて、結局そんな感じでダラダラ喋っちゃった…。
でも、あっという間ですんごく楽しかったぞ。
アキコちゃんに聞こうと思ってた事もすっかり忘れてて、そのあと飲みに行った席でじっくり聞いてたおばかな私。

今日は雨で、ホントだったらチャリンコで行ってたところを、とてとてと歩いて行ったよ。
そんな距離感丸出し番組。

でもさ~、なんかいいね、あ~ゆ~のも。
リアルタイムで視聴者の方のメッセージも届いて、面白かったな~。
あんなにぐだぐだなんだけどね。
また出たいな~。
生放送でやりっぱなしだったらもっと気楽なんだけど、残念ながら(?)あとからバックナンバーとして視聴できるのさ。
これが怖い。
怖いもの観たさでご興味のあられる方は…

「IKKAN & 東村アキコの NAKANO23」
  → こちらからどうぞ
[PR]
2006年 04月 11日 |
告知!

突然ですが、インターネットTVにゲストで出ることになりました。

「まんだらけ」のサイトの中の番組です。
(自分でもあんまりよくわかってない…)

4月11日(火)23:00~ 
「IKKAN & 東村アキコの NAKANO23」
  → こちらからどうぞ

生放送だけど、あとからバックナンバーも観られるみたい。


いや~、誰にも言わないで出ようと思ってたんだけど、何かもったいないかな~と思ってここだけで告知しちゃいます。
良かったら観てね!


っていうかさ~、IKKANさんから「火曜の夜空いてない~?」ってノリで誘われたんだけど、私も中途半端に聞いてたみたいで、ネットラジオだと思い込んでたんだよね。
で、さっき「まんだらけ」で検索して探してみたらネットTVだったのさ。
もうびっくりだよ。
ネットとは言え、TVでしょ。ラジオじゃないんだよ。顔出しじゃん?やばいじゃん?
ぐだぐだでもいいらしいんだけどさぁ。
明日(っていうか今日?)だってのに、ちょいと焦ってます。
そんな感じで多分出てると思うので、ご興味のあられる方は是非どうぞ。
リアルタイムでチャット?とかも出来るらしいよ。
[PR]
2006年 03月 26日 |
e0088684_2504564.jpg
桜が咲き始めたね。
桜、大好き!
その美しさ。豪華さ。はかなさ。潔さ。

今日は稽古の前に仕事で六本木に行った。
六本木の小さな公園にも桜は咲いている。そしてそれを愛でる人々の姿も…。

今日の仕事はNHK教育でオンエアが始まる「メントーズ2」の吹き替え。
おいらは主役姉弟のお母さん・ペギー。
これが結構テンション高い人で、朝からなかなかのハイテンションを維持しなければならない。
ホントは昨日あんまり寝てないんだよね~なんて言い訳は通用しないのさ。

もう一つ、アニメの新番組「デジモンセイバーズ」のクダモンはこれまたえらく低いキーでとつとつと喋るデジモン。
この二つのギャップはたまらないね…。

おいらの細かい仕事情報は「Nanaho*NET」を見てね。


e0088684_251458.jpg
さて、仕事も行くけど稽古もある。
今日は稽古場でしっかり衣装を着けてみよう、と鞄に衣装を詰めた。
とてつもなくでかい鞄となった。
補助スペースも広げきったキャリーバッグにでっかいトートバッグ。
これらを六本木にも連れて行かざるを得ない。
まるで家出人か路上で生活している人のようだ…。


e0088684_2521110.jpg
それでもなんとか稽古場に辿り着く。
今日の稽古場は九品仏。
せっかくなのでみんなで九品仏にお参りだ!

この舞台、無事に幕があき、大成功をおさめますように…。


[PR]
2006年 01月 15日 |
宝塚系のお仕事をしていると、重なるものなのか…

現在、放送中のアニメ「ガラスの仮面」に出演中。
役名が 円城寺まどか
原作をご存知の方は、おや?と思われたかも。
この円城寺さん、星歌劇団を退団して、退団後の初舞台「イサドラ」に主演するのだ。
この、星歌劇団というのがポイント。

今週、初登場したとき、ディレクターから「もっと男役っぽく、きりっと喋って!」との演出が。
オンエアを見たけど、それが守れていたのは一言目だけだったような…
ちょっと反省。(収録は終わっちゃったけど)
初登場が第40話。あと、41,42,44話と出てくる。
良かったら、夜中だけれど見てみて!

テレビ東京系 毎週火曜 深夜25:30~ (関東ではね)
[PR]
2005年 12月 13日 |
「ガラスの仮面」のアフレコ現場では主人公・北島マヤの名前が当然ながら飛び交う。
速水真澄役・森川智之さんが甘い声で「マヤくん…」
桜小路優役・福山潤くんが爽やかな声で「マヤちゃん…」

高宮紫織役・岡本麻弥さんがその度に幸せになるという。

いい声で囁かれる自分の名。
あ、いいかも。

収録後の飲みの席で、麻弥ちゃんが二人にお願いしてた。
「どんな話をしてる時でも、最後にいい声で…まやちゃん…って付けて!」
森川くん、きちんと実行。
麻弥ちゃん、幸せそう。
なんか羨ましい。

で、私もお願いしてみる。
森川くん、本名で囁いてくれた。
「○○ちゃん…」
うおぉぉ、腰くだける!
こりゃ幸せだ!

幸せな夜は更けていく…
[PR]
2005年 10月 09日 |
NHKの地上波で「ERⅨ」の放送が始まった。
さっきなんとなく観ちゃったんだけど、これとったの2年前なんだよね。
懐かしいというより、まだこの間とったばかりのような気がするのに…
今、っていうか今日も「ER」の収録に行ってきたんだけど、現在我々が収録してるの11シーズンなんだものね。
時のたつのってホント早い。
その間、私はきちんと前に進んでるのかな?
なんだか全然成長してないような、恐ろしい気がするよ…
[PR]