声優・役者な葛城七穂の   ゆらゆら生活あれやこれや
by n-katsuragi
カテゴリ:芝居だよ( 40 )
|
2014年 05月 23日 |
Berryz工房さんの『戦国自衛隊』の後は、国際フォーラムでとうこやゆみこの出演してた『ミュージカル・ミーツ・シンフォニー』というコンサート、そして昨日は青山劇場で『セレブレーション100!宝塚~この愛よ永遠に~』。

もう宝塚もりもりです。

セレブレーションはカリンチョさん筆頭にトップスター7名がレギュラー出演者。
自分の時代の人達が多かったので、いろんな想いで観ました。

それにしても見事な上級生順。
さすが宝塚。
これが一番問題ないわけです。
愛すべき香盤順ですな。

宝塚メロディわんさかで3時間、お腹いっぱいになりました(*^^*)

トークコーナーは、カリンチョさん、ゆきちゃん、たーちん、あきこで『華麗なるギャッツビー』話でしたが……
もう20年前とか!
私も出演してましたが、色んな事忘れていました(^^;

宝塚デイが続きます。
今度は月組さんに行く予定。
[PR]
2014年 05月 18日 |
ここのところ、芝居を観に行く日が多い。

今日はベリーズ工房さんのミュージカル『戦国自衛隊』

同期のちか(五条まい)が出演中。
彼女はお母さんの役だったのだけれど、ちか以外は全員男役。
アイドルさん達も!

はてさて、と色んな意味で構えて観に行ったわけでありますが……。
いやぁ、彼女達、頑張ってました。
とても好感のもてる男役っぷり。

下級生の新人公演を見るような、初々しさ(*^^*)

モノは『戦国自衛隊』だし、出演者は全員女の子だし、総勢13人しか出てないし。
それでも工夫された演出で、なるほどねーと。

終演後、ちかに面会しに、宝塚OG 7名連なって楽屋で待っておりましたら、ベリーズ工房の皆さんがわざわざ「御挨拶させて下さい」といらしてくれまして。

なんていい子たちなんだ!

おねーさん達は君達を応援しますよっ!
明日の千秋楽、素晴らしい一日でありますように……

もうベリーズ工房なんて書いてる場合ぢゃないね、Berryz工房さんですよ。


という訳で、良い子たちのミュージカルを観てきたのでした。
[PR]
2013年 07月 21日 |
いい感じの暑さ。
昨日ほどは涼しくないけれど、きちんと夏の暑さとなっておりますな。

銀座みゆき館へ。
e0088684_15223522.jpg


渡辺陽子さんのシニア劇団 座ⅡEのお芝居。
『歌う街』
e0088684_15243781.jpg


シニアの方々が唄って踊って芝居して。
がっちゃん(山像かおりさんであり秋之桜子さん)の脚本も、かれらが唄う必然があり。
観ていて何とも微笑ましく、きらきらしている陽子さんたちがとても素敵。

もう7回目の公演とのこと。
是非いつまでも続けて下さい。


さて、帰りにソニービル。
このシーズンはアクアリウム設置のよう。
e0088684_15325939.jpg


涼しげでいーなーと思ったら、サメまで居たっ!
e0088684_1533296.jpg

わお!

違う水槽覗いたら
e0088684_15345681.jpg

どーん!!

なんじゃなんじゃとよく見てみれば
e0088684_15365114.jpg


南の海のお魚は美しい。
沖縄いーねー。
[PR]
2010年 04月 03日 |
連日、芝居小屋通い。

何故か集中する観なければならない芝居。
観なければ…というと語弊があるかな。
観たい、観ておきたい、観なきゃ…、混在しているけど。

仕事先から大荷物抱えて池袋。

演劇集団キャラメルボックス
「ミス・ダンデライオン」
「南十字星駅で」
サンシャイン劇場

この梶井真治さん原作のクロノス・ジョウンターのシリーズ、
キャラメルでの舞台化5作目。
ずっと観せてもらっているけれど、面白いです。

再演の「ミス・ダンデライオン」のヒロイン岡田さつきさんの可愛らしいこと!
客席は岡田さん演じる樹里にすっかり自分を重ね合わせて、
切なくなったり暖かくなったり、涙するんだろうなぁ。
すんごい素敵です、岡田さつきさん。

両作品出演の西川浩幸さん、「南十字星駅で」でも大活躍。
最近はお顔を見るたびに、救心のCMを思い出してしまうのは秘密です…。


毎度、キャラメルの芝居に誘って下さる星野めみ先生と、これもいつものお寿司屋さんへ。
築地玉寿司・池袋サンシャイン店

e0088684_11455643.jpg

e0088684_11463014.jpg


すっかり顔馴染みになってるめみさん。
キャラメルの話でもお店の店員さんと大盛り上がり。

良い芝居と美味しいご飯に感謝。
[PR]
2010年 04月 02日 |
e0088684_0463297.jpg


このところ、芝居を観るにしても作るにしても小劇場系ばかりで、
なかなか大劇場での商業演劇を観る機会が減ってしまっているのだけれど。

久々に宝塚歌劇を観る。

だからこそ見えてくるもの。

いやぁ、綺麗だね。

もうそれだけで充分だよ。

あんな贅沢な舞台はなかなか作れないよなぁと思う。

つっこみどころは満載なんだけれど、そんな野暮な事は言わない。

芝居のプロローグ。
緞帳が上がると舞台一面、真っ白できらきらした綺麗な人たちが満載。
夢のようなプロローグ。
いささか長いプロローグが終わると、その後血まみれの戦場でのお話。
まーったく本編とは関係なかったプロローグ。
そんな作り方、いったい誰が出来る?
その後の血まみれ、だからこその真っ白なプロローグ。
それを成立させてしまうすごさ。

ショーのプロローグ。
上手奥から下手前へカップルがぞくぞくと踊りながら流れていく。
お揃いの衣装はカップル毎にパステルな色違い。
なんて贅沢な、夢のような使い方。

80名近い出演者。
群舞の出来る贅沢。

ああ、もうホントに。

宝塚はゴージャスな美しさを観に行くところだ~!と堪能。


私がこんな事をこーゆーところに書くのはいささか問題があるかもしれないけれど、
敢えて言わせてもらえれば、
突き抜けた意味でとっても褒めている訳です。



宝塚歌劇団 雪組 東京公演

『ソルフェリーノの夜明け』-アンリー・デュナンの生涯-
『Carnevale(カルネヴァーレ) 睡夢(すいむ)』-水面に浮かぶ風景-

東京宝塚劇場
2010年3月26日(金)~4月25日(日)


観た事のない人は…
宝塚、一度観てみるといいよ~。
歌舞伎も一度観てみるといいよ~。
[PR]
2010年 03月 27日 |
アフリカ座のメンバーでもあるmocha(もちゃ)が主宰する劇団・乱チキスターターの芝居が初日。

若いメンバーの劇団。
でも結構面白かった。
2本立てで、前半はエネルギー満載。
後半は女の子の落ち着いた芝居。

後半の芝居が何だか共感できるような、わかるような
おたく心をくすぐるような…?
リアクション担当のキャラクターの反応がリアリティがあるんだよね。
ううむ。

ホンも書いたmocha、なかなかやるな…。


乱チキスターター
『ボクラノブレス』
2010.3.26-28
池袋GEKIBA


ロビーにて
「祝開店・アフリカ座」
と書かれた熨斗を見つけて笑う事ができます。
[PR]
2009年 11月 04日 |
先日までやってた夕ちゃんとこ(u-you.company)の芝居がサンモールスタジオでやってたんだけど、
ふと気付いたら隣のシアターサンモールではスタジオライフさんが公演中だった。

いかん、いかん。
とようやっとそちらも観に行く。

今回はシェークスピアの「十二夜」
シェークスピアの喜劇を音楽劇で公演。
うん、面白かった!
またぎりぎりに頼んだんだけど、きちんとチケット取って頂いて感謝。

終演後、面会で山﨑康一くんと船戸慎士くんに『VIVID COLOR』のチラシを渡す。
「AV女優さん達で芝居創るんだ~」
と言うと
「あんた何やってんのっ!」
と突っ込まれる。
いや、あたしゃ出ないから…。

「で、彼女達脱ぐの?」
とお決まりの質問。
チラシにもきっちり書いてあるでしょ。~脱がないあたし、きらいですか…~って。

やっぱり男子はそう思うのかなぁ。


その日同じ公演を観に来ていた青年座の松熊つる松ちゃんと、帰りがちょいと一緒。
松熊ちゃんはERで以前にご一緒してる。
二人で、
「スタジオライフのシェークスピア喜劇の音楽劇はいいねぇ」
と褒めあっていた。

本人達の前で言えよ(^^;)
[PR]
2009年 03月 28日 |
舞台でも映画でも本でも、わー良い作品にあたった!って
思えるのがとても幸せ。
でもホントにすごい!って思える確立は残念ながら割合と低かったりする。

そんな中で、ここ数日があたり続きで嬉しい。


国立劇場
「新皿屋舗雨暈-しんさらやしきつきのあまがさ-」

今月の国立の歌舞伎は評判が良いらしいという事だけは聞いていたけれど、
いやまあ、良かったですよ。
切ないし、笑っちゃうし、感情移入しまくりだし…。
終わった途端、いい芝居だった!と唸ってしまいましたね。

魚屋宗五郎である尾上松緑丈は前半の出番はなし。
後半の三幕目からの登場なのだけれど、
花道にすっと出てきた宗五郎のたたずまいの美しい事!

じつはその前の30分休憩に楽屋にお邪魔して
わいわい喋っていたんだけど、
とてもその人とは!

そしてその後の宗五郎さんからはひとときも目が離せませんでした。
ぶらーぼ!



今更かもしれないけれど、この映画観ました。
「パコと魔法の絵本」

パコと魔法の絵本 通常版 [DVD]

アミューズソフトエンタテインメント



うん、もう、きゃぁぁぁ、いいですよ!
手放しで大好きです。
ありがとう。

この作品も、切なくて、笑っちゃって、可愛くて、泣いちゃって…。

役所広司さん始め、役者さん達が素顔がわからなくなるくらい
徹底的にメイクもして、その役になりきってはじけてくれてます。
これだけでも大満足。

子供向け映画と、ちょっとバカにして観るといいですよ。
確実に大人もやられます。

観てない人、レンタルで是非観てみて下さい!


舞台版も観たかったなぁ。
[PR]
2009年 01月 19日 |
e0088684_2155643.jpg

アフリカ座の公演の時に作・演出でお世話になったIKKANさんが公演中。

WITの第一回公演になるのかな?
「マスカレード」
高橋いさをさん作・演での4人芝居。
いい感じのコンパクト感で面白かったです。

佐藤仁志くんも虹組キララちゃんも出演。
さとちゃんはさすがの役者力を見せて、良い感じ。
キララちゃんは今回はきちんと女優してました。
他とのバランス的にはもう少し声を出していった方が、と思ってしまったのは余計なお世話かな?

で、IKKANさんは、はい、もう、美味しいポジションを作ってらして…。
写真でも分かるとおり、ローリー的な存在感。
終演後、恥ずかしい…とおっしゃってたのが信じられない位、舞台上ではのびのびと楽しんでおられたようで…。
さすがです。

公演は明日、1月19日(月)19:30が千秋楽。

IKKANさんのブログは → こちら
[PR]
2008年 12月 06日 |
今回もキャラメル観に行ってきた!
星野めみ先生、いつもありがとう!!

で、良かったよ~。
あったかい作品。いいなぁ、あーゆーの。
この作品で2ヶ月間ツアーでまわる。
良い作品で回れるって幸せだろうなぁ。

今回のゲストの黒川智花ちゃん。かわいくて良かった。
でも始めに出てきた時、意外に大人の顔でちょっとびっくりしたんだけど、
後で聞いたらもう19歳なんだって。
もう大人なんだ!
いつまでも子役ではないのだね…。

西川浩幸さんもさすがの安定した主演で、素敵。
実に魅力的な役者さんで、すごいなぁと思うよ。
それにしても楽屋で見るとキャシャーンな西川さん。
改めて、をををっ…と思ってしまう。

んでもって大内厚雄さん。
押さえたクールな一言ひとことに、うきゃっとなる。
お得な役なのか、お得な演じ方を選択されたのか、美味しい存在の仕方だ~。

告白します。
カツラギは大内さんのふぁんなのでありますっ!!

ふぁんの贔屓目か?いやいや、上手い役者さんだからね、素敵で当然。
うきゃきゃ。



その前、他にもまだ観てるよ。

羽衣1011と映像のコラボレーション企画。
「FIRST KISS」
役者陣が全員知り合いだった~。
がっちゃんと郷田ほづみさんのラブな会話はちょっとかゆくなる。
ごめん。

コラボレーションって難しいけれど、面白い企画だよね。
空間も含めて色々勉強になった作品。


スタジオライフ「死の泉」 @天王洲銀河劇場
ど初日を観劇。
さすがの再演もの。
良い作品だね。

ただ…。
1幕目は安定していた目線が、2幕目からぶれてしまっているのが
もったいないなぁと。
客席がどこに感情移入したらいいのか迷ってしまう感じ。
一緒に観た友人いわく、原作の小説がそうらしい。
しょうがないのかな?

wキャスト制をとるこの劇団、この日の主役?クラウスは、
じゃかじゃん。山﨑康一氏。
チケット手配ありがとう。

同行の友人達も素敵!かっこいい!と褒めてたよ~。
芝居上手い人だからね、安心して観られるね。
1幕目から2幕目の年の重ね方が自然で良かった。
私としてはもっと狂気が見たかったかな?

かわいこちゃん、三上俊くんも相変わらずかわいこちゃんだった。
人に勧めるときは、みかちゃん可愛いよ、と勧めてる私。
うひゃひゃ。



今日は誰に向かって書いているのかわからないブログだな…。
[PR]