声優・役者な葛城七穂の   ゆらゆら生活あれやこれや
by n-katsuragi
<   2006年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧
|
2006年 05月 31日 |
仕事が15時頃に終わり、帰路、バスで15分のところを歩いて帰る。
空は明るい曇り空。
とことこ歩いているうちに軽く汗も出てくる。

いつもは通り過ぎる風景の数々。
気になっていた店もひやかせる。

街路樹のイチョウの根元には紫陽花。
ポンポンに膨らみ、さあ、これからだ!と言わんばかりのつぼみ達。
e0088684_13435369.jpg

あっちへふらふら、こっちへふらふらとしながら結局1時間ぐらいかかっちゃったよ。
[PR]
2006年 05月 29日 |
冬を越す事が出来た、わずかに残った白ヒカリメダカさん達。
最後に産まれた子は、なかなか成長することも出来ず、未だ親の半分以下のサイズ。
これからまた成長してくれるのかな?

そんな中、ある日メスのお腹に数個の透明な卵を発見。
数日後いくつかの卵を採取して、別の透明カップに入れておいた。

あれから何日たったかな?
昨日ふと見ると、小さな、体長3ミリにも満たない糸くずのような子が!
そして今日、もう1匹。
おお、今年の子達よ!
頑張って生き抜いておくれ!

残念ながら、死んでしまった1匹が卵を産み始めたメスだったようで、あれから新たな卵は採取出来ていない。

今年のメダカさん達に幸多からん事を!
[PR]
2006年 05月 20日 |
e0088684_11582975.jpg

ぐずぐずした天気が続くけど、晴れ間には携帯でこんな写真が撮れる…。
[PR]
2006年 05月 15日 |
地下鉄大江戸線の車内。
ふと見上げるとそこには
「t o b u s . j p」
と、でかでかと書かれた吊り広告が。

TOBUS?
とぶす?
トブス?
…?

よく見るとその下に小さく
《都バス運行情報 発進中》

都バス!

ローマ字英語混在かよっ!

思わず三村してしまったおいらであった。
[PR]
2006年 05月 14日 |
最近ハマってるもの。
「午後の紅茶 ネーブルオレンジティー」
e0088684_15571859.jpg

[PR]
2006年 05月 11日 |
アニメ「デジモンセイバーズ」の収録日。

わくわくしてスタジオに向かう。
何せ、ようやく通信バトルが出来るチャンスなのだ。
先週は出番がなくてお休みだったし、先々週は収録後、他の用事でバトルする暇がなかったし…。

30分も前にスタジオに着く。そこにはすでに楠大典くんの姿が。
「ね、通信バトルして!」
「おう!」
現在、究極体のおいらは結構強い。初・通信バトル。勝つ。
「おお!新しいショップが増えた!」
しばらくしてゆかなちゃんがやってくる。
「バトルして!」
「うん。あ、ウンチ片付けてからね。」

収録中、情報交換が行われる。
バトルの裏ワザ、チョコレートの出し方、デジモンのウィンク…。

思い起こせばあれは一ヶ月ほど前の収録後、我々デジモンレギュラーは、スポンサーであるバンダイの方から、番組開始に合わせて発売されたおもちゃ「デジヴァイスic」を渡された。
簡単に言ってしまえば(語弊があるかもしれないが)デジモン版たまごっちである。
それぞれ持ち帰った我々は、各々自分のデジモンを育て始め、収録日に持ち寄っては育てたデジモンを熱く語るのである。

はっきり言って、異様な光景だと思われる。
いい年した大人が頭をつき合わせて、手の中の小さなゲーム機をカチカチカチカチ…。

「デジヴァイスic」談義は収録後の飲みの席でも更に続く。
デジヴァイスを持ってない参加者にはさっぱりわからない話。いい迷惑だ。
e0088684_19243713.jpg

各々のデジヴァイス写真。
所有者は、楠大典(左上のオレンジ)、永井愛(ブルー)、葛城七穂(手前オレンジ)、ゆかな(ピンク!ララモン特別ヴァージョン!)
(その隣の赤い七味は、持ってきていなかった中井和哉氏の提出品。)

いつまでも子供の心を忘れない我々なのであった。


詳しくは→デジモンセイバーズ・オフィシャルサイト

ちなみにおいらの役はクダモン。オフィシャルサイトのキャラクター紹介を参照してくれい。
[PR]
2006年 05月 06日 |
5月5日子供の日である。

用事で原宿へ行く。
e0088684_13231564.jpg

私はゴールデンウィークの原宿をなめていた。
人人人人…。
なんだ、これは?!
歩道が渋滞している。いや、むしろ停滞している。
車道の車の方が動いている。
この歩道は東名高速か?ってな感じである。

あまりの人の多さに思わずカフェに避難する。
スッピンでこんなとこまで来るなんて、油断するにもほどがあるってなもんだ。
非常に後悔しつつ、表通りの人間祭りをボーっと眺める。
表参道ヒルズも出来て、このあたりはアツいスポットなのだ。

どでかいピンクのバスが通る。車体にはリプトンのピーチティの宣伝広告。
窓も全て覆い隠された宣伝カー。
何台も見かける。
いや、違った。同じバスがグルグルとこのあたりを回ってるんだ。

そうだよね。この人出。何千、何万の人がここに居る。その人々を相手に宣伝広告。意味あるよね。

気が付けば、いろんな広告キャンペーン。
ペリエのでっかい緑のバスも通る。
8×4のでっかい風船を掲げた人々がグッズを配りまくる。
大塚愛の「フレンジャー」のフレンジャー達がベロタクシーに乗って道行く人々に手を振る。
(フレンジャー→大塚愛オフィシャルwebサイト

やっぱりスッピンはよろしくないと、資生堂のコスメティックガーデンCに。
ここは資生堂の商品を自由に試すスペース。販売はしていないので気後れせずに使ってみる事が出来る。
ついでに前から気になっていたファンデーションも使ってみる。
リキッドタイプよりクリームタイプの方がいいみたい。でも高いんだよな~。
ざっくりと一応のメイク完了。さて、初表参道ヒルズにでも!と思ったけれど、あまりの人の多さにふらふらになって、中まで見ることもなく早々に退散することにした。

JR原宿駅は入場制限。
改札からホームまで遅々として進まない。
ここは初詣の明治神宮か!と思いつつ何とか電車に乗り込んだ。

夜、別の打ち合わせで新宿へ。
新宿は相変わらずの人出だけれど、あの狂気のような人出ではない。
新宿の人出にホッとするって一体…。
[PR]
2006年 05月 05日 |
天気も良いので自転車で新宿まで行く。

前々から気になっていたタイヤの空気。
走り始めてからやっぱり気になるので、途中で自転車屋に寄る事にした。
が。
そうだよ、今日は休日だよ。
やってないのさ、自転車屋さん。

うわ~ん、と思いながら、ふと目に入る警察署。
派出所じゃないよ、警察署。

入り口に立ってるおまわりさんにおそるおそる聞いてみる。
「あの~、ちょっと失礼な事お聞きしてもいいですか?」

気持ちよ~く貸してくれたよ、空気入れ。

警察署の入り口のまん前でおまわりさんと二人、しゅこしゅこと空気を入れる。
ありがとう、いい人だね。

「これで大丈夫だと思うけれど、もし具合が悪かったらまた帰りに寄りなさいよ」
なんて言ってくれて、「お気をつけて~」と送り出してくれた。

気持ち良い気候のこの日、何だか嬉しいひとコマだった。
[PR]
2006年 05月 03日 |
昨日は暑かった。
びっくりする位…異常気象か?!と思う位。

突然30℃なんて言われても、対処に困るよね?
上着持ち歩いたけど、着ないで済んじゃったし。

で、今日のこの気温。
何なんだ?

うちの方では午前中、つんざくような雷が鳴っていた。
近くで事故か?!と思ったもの。

まだ14時台だというのに夕方のような暗さ。
時間が読めなくて感覚が狂っちゃうよ。

夜、外から帰ってきたら、家の中が暖かい。
昨日の温度が家の中に残ってるのかな?
[PR]