声優・役者な葛城七穂の   ゆらゆら生活あれやこれや
by n-katsuragi
<   2006年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
|
2006年 09月 26日 |
びっくりするほど雨が降っていて、びっくりするほど寒さを感じるようになってしまいましたねぇ。
もう10月は目の前です。

「北海道ホワイトカレー」なるものを作りました。 詳しくは→こちら
CMで気になって買っておいたものをようやく作ったわけですが。

ターメリックライスまでは用意できなかったので、普通の白いご飯にかけて食べてみると…
ま、まずくはないし、美味しく食べられるけれど、これはカレー?

自分でクリームシチューを作ると、2日目からはよくご飯にかけて食べるわけです。
これとそれほど変わらない気が…
ちょっと辛味はあるかもしれないけれど、ミルキーなのでマイルド。
牛乳を入れすぎたのかなぁ。
正しい味はどれなんだろう…。
どなたか試した方はいらっしゃるかな?


ところで。
このブログにもよく遊びに来てくれる富さんのブログに、面白いサイトが紹介されてました。
直接リンクせず、まず富さんのブログを紹介しておきます。
そちらから飛んで下さい。
私は涙を流しながら笑いました。
ある意味、とても癒されます。

「富さんの”明日になれば…”Ⅲ」
[PR]
2006年 09月 21日 |
久々繋がり?で。

インスタントラーメンの袋麺を食べる。
お久しぶりっ!って感じ。
袋麺とかカップ麺って普段はあまり食べないけれど、突然食べたくなったりしない?
そして実際食べるとこれがまた美味しく感じるんだよね。
特に夜食として食べた時なんか…。

色々手を加えられるから、カップ麺より袋麺の方が好きかな。
今日は、ワカメと卵とネギをプラス。
最後に「南蛮こうじ漬」という、辛子味噌みたいな薬味をボトッ。
これが美味かった!

たまらんですなあ。

イケナイものほど美味しいのです。
[PR]
2006年 09月 18日 |
実はずっとさぼっていた。
スポーツジムである。

毎月、会費だけは自動引き落としで払い続けているのに…。
何度退会手続きをしようと思ったことか。
でもやめちゃったら益々運動しなくなるのが怖くてやめられなかった。

久々のジムへ行った。
ロッカーが新しくなっていた。

通販でよくやってる乗馬運動の機械があった。
うるさいだろうし大きいから買えないなぁと思っていた器具だったので、早速やってみる。
うへ。面白い。
確かに馬に乗っているとこんな動きになるよね。
きちんと乗れば、しっかりウェストにも効きそう。

軽くストレッチをしてプールへ。
ミットグローブをつけるプールエクササイズのクラスに出る。
いわゆる水かき状の手になって、水の抵抗で負荷をかけながら30分エクササイズしまくるのだ。
頑張って水を蹴り上げていると、太腿にびんびんくる。
こりゃ明日は筋肉痛かも…。

久々の運動初日はこれくらいにしておいてやろう。
続ける事が大切なのだ。
これでまた行かなくなったら、一回あたりの使用料がえらい高い事になってしまう。

次はいつだ?!
[PR]
2006年 09月 16日 |
まつりである。
うちの近所はすっかりまつりモードである。

朝から神輿をかつぐ威勢のいい声がひびく。
いいね。秋祭りだね。
日本のまつりだね。

仕事帰り、いつもの公園はいつもの風景ではなかった。
白い提灯と赤い提灯。
それぞれに灯りがともされて、ずら~っと並ぶ。
電飾に浮かび上がっている向かいのパチンコ屋も、今日はちょっと色褪せて見える。

公園の真ん中に組み上げられた櫓。
浴衣の(元)お姉さん達がもくもくと踊るその頭上で太鼓をひたすら叩きまくる男。
櫓の周りには踊っているのかだべっているのか分からないけれど、大きな円が出来ている。

夜店。
小さな公園だから出店も少し。
むこうの大きな商店街にはもう少し沢山出てるのかな?

仕事帰りのお腹を空かせた身には、ソースの匂いがたまらない。
広島風お好み焼き。美味しそうだなーと見るとまだ焼けてない。
ちょっと待って買って帰ろうかなと考えるも、見れば焼きあがり待ちの列がずらーっ!
泣く泣く諦める。

たこ焼きやら焼き鳥やらあんず飴やら、何とかすくいやら…。
いいねぇ。たまらないねぇ。

秋を感じる日本の風景。
[PR]
2006年 09月 15日 |
久々に書くのにこんな話題はなんだけど…

店の前に繋いで待たせてあった犬を、可愛かったからとそのまま連れ去って、見つかりそうになったから慌ててマンションから投げ落とす…。犬は即死。

そんな事件知って、心が痛んでおります。

詳しくは→こちら

窃盗と動物愛護法違反の疑いで書類送検。
飼い主にとっては子供も同じだったろうし、その気持ちを思うとやり切れないだろうなぁ。
[PR]
2006年 09月 09日 |
がっちゃん(文学座の山像かおりさま)の芝居を観に行く。
共演は若ちゃん(若山慎くん)と邑城秀美さん。
小屋は阿佐ヶ谷の小さな喫茶店。
定員25名と聞いていたが、確かにそこには人がギュウギュウ詰めに入っていた。
しかもお客さん皆、そんな状況を察して開演30分前にはお店の前に列を作っている。

「名曲喫茶 ヴィオロン」という名の通り、クラシカルな落ち着いた佇まいの小さな店。
客の目の前で(手を伸ばさなくとも届いてしまうような距離で)静かに芝居は始まる。

静かに。ゆらゆらと。時間を遡り。きらきらと。

40分の3人芝居。
こんな空間でふわんとした世界を楽しませてもらう。
こういうのもなかなか素敵。


終演後、店の外の楽屋を見せてもらう。
楽屋じゃないっ!!!!
それはアパートの入り口の軒先だよっ!
あんな素敵な世界はこんな状況下での着替えで成り立ってたの???
うっそ~!
ひどいよ。夢をぶち壊さないで~~~!

あと一日頑張って下さい。
[PR]
2006年 09月 07日 |
ようやく新しいパソコンさんがやってきて、これから少しずつ環境を整えていこうかなと思っています。
ここもなかなか放りっぱなしで可哀相な事になってるし…。

パソコンって何でこんなに便利なのに、こんなにメンドクサイシロモノなんだろう…。

ビデオやDVDも色んな機能がありすぎて、使いこなせてないし、逆にわかりずらい。
これって歳も関係あるのかなぁ…。
カセットテープの単純さが懐かしいのだ…。
デジタル人になりきれないアナログ人間なんだろうか。ううむ。


昨日、某所でバッタリとフクちゃんに出会う。
フクちゃんとは以前二度ほど舞台で共演した女優さん。
ずばりバイト中だった彼女は、自分から声をかけてきておきながら「キャー、恥かしい!」とのたまう。
いやいや、別に恥かしい所で働いてる訳でもなし、何をそんな…。
むしろ、舞台と変わらぬチャーミングな笑顔を、お客様にきちんと向けて対応している貴女は素敵でした。
[PR]