声優・役者な葛城七穂の   ゆらゆら生活あれやこれや
by n-katsuragi
<   2007年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
|
2007年 02月 24日 |
金曜の夕方の下りの新幹線状況を、実際なめていたよ。
ごめんよ、金曜…。

急遽、時間がぽっかり空いたので、名古屋に帰省することに。
今年の正月は自分の舞台が新年早々にあったので帰省できず、逆に両親が東京に遊びに来てたのだ。
なので、これでようやくの帰省となる。

5時半頃東京駅に着いたら、人・人・人…。
みどりの窓口は長蛇の列。
下り新幹線、普通席はずーっと売り切れ。

こりゃいくら東京発でも自由席だと何本見送る事になるんだろう、とちょいとびびる。
以前に立ったまま、をやって非常に後悔した経験を持つおいらは、ここで覚悟を決める。

「のぞみ、グリーンで!」

時間があればチケットショップに寄って、少しでも安くと考えてしまうおいらにとって、これはなかなかの覚悟である。
だってたかだか1時間半ちょい。もったいないと思っちゃうじゃん?

それでも、すぐの列車はもう満席でその1本あとの列車。
さすが、金曜日。(だからだよね?)

久々のグリーン車は、ちょいとダークな照明で高級感ある車内。
配られるおしぼり…
あれ?そう言えばこれ、昔は熱いタオルじゃなかった?
飛行機と混同してる?

昔のフットレストより2段式の今のフットレストの方が好きだな…。
と思いつつ、名古屋へ。

名古屋駅コンコース。
綺麗なショウウインドウ、通り過ぎようとして思わず足を止めてしまった。
e0088684_1151075.jpg

青柳ういろう「カエルまんじゅう」
バックはウインドウ内の写真。

緑がおいらを呼んだのさ!

ざ・しんぷる いず べすと

何という、潔さ!

ちょいと調べたら、ちょっとした名古屋名物らしい(?)よ。
箱のカエルはお面にもなるらしいし…。
青柳ういろうのHPに、このカエルまんじゅうのCMもあったの。
「カエルまんじゅう えかきうた」 → クリック
もうひとつの青柳ういろうのCM
「くやしかったら言ってみな!白・黒・まっちゃ…」
っていう奴は、名古屋人なら誰でも歌えるフレーズじゃないかな?
このCMも見られるから、興味のある方は是非どうぞ。


PS 本日のカエルまんじゅうの写真は、カエル好きの山像かおりさまに捧げます。写真だけ…(^^;)
[PR]
2007年 02月 23日 |
夜中のコンビニは恐ろしい。
欲しくなかったモノまで買ってしまう…。

本日、思わずゲットしてしまったモノ。
e0088684_2272324.jpg

「Happy プッチンプリン」
どどーんと400g。

隣に並べてみたのは、味の素のテーブル用小瓶。
んん~、この角度だと伝わりにくかったかなぁ。

何だ、このサイズは!?
子供の頃、大好きだったアレを、今、思う存分召し上がって、幸せになって下さい…
って事なんだろうな。
そして大きなお皿にひっくり返して、ぷっちん…。
ああ、シアワセかも…。

確かに今までにも大きいサイズのプッチンプリンを見たことあるような気がするけど、ここまでドデカイのは!
一週間限定、って書かれていたら、思わず手を出してしまいましたよ。

シアワセを味わいたい貴方!
セブンイレブンにレッツゴー!なのだ。
[PR]
2007年 02月 20日 |
家の近くの文房具屋さんに行く。

文房具屋ってじっくりと行く?
私はゆっくりと見たいけれど、いつも目当てのモノをゲットしたらさっさと出てきてしまうのね。
東急ハンズみたいなところだと、ホントに面白いけど、街の文房具屋さんだと、ね?

だけど、今日は何となくじっくり見てしまったわけよ。
これが。
結構面白かったのだ。

そもそも0.18のペンを見てみたいと思って行ったんだけど、その他のペンがまた面白い。
手が疲れないらしいホールドが飛び出すペンは、「お前はエヴァンゲリオンかっ!」ってなフォルム(分かりづらい…)
グリップのところがゲル状のモノでも色々種類があってどうしようと迷ってしまう。
で、私が買ったのは鉛筆やペンに取り付けるソフトグリップのみ。
その名も「プニュグリップ」4個入り、105円也。(安っ!)
e0088684_20153762.jpg

このプニュグリップだけでもサイズや形が色々あったよ。
すごいなぁ。

それと!
ちょっと嬉しかったのは鉛筆削りのコーナーの中にボンナイフを見つけた事。
手のひらサイズの折りたたみ式カッター。
まだ現役で流通してるんだ~。
小学校の頃、みんな持ってたんじゃないかなぁ。
現在の値段も89円(だったかな?)とリーズナブル。

その下には「蝋石」!50円。
地面にいっぱい描いたよね?!
ケンパもしたよね?


……。

みんな、ついて来てる?
[PR]
2007年 02月 19日 |
e0088684_1831785.jpg

最近のマイブーム。

たっぷり塩を入れて鍋でお湯をわかす。
パスタを入れる。
ちょっとしてからその鍋に適当な野菜も入れる。
硬めに茹で上がったら、ざっと湯こぼしして、混ぜるタイプのたらこソースと生クリームを投入。
混ぜたら食す。
美味し。

今日は「下仁田ネギとペンネの明太子クリーム」

この前の「ほうれん草とアスパラのたらこパスタ」も良かった。
ほうれん草は1人前で半把、どっさり入れるのだ。

ソースの代わりに、茹で上がったパスタ達に軽くオリーブオイルと醤油&麺つゆでも美味しいよね。

このマイブームは、鍋ひとつで出来るから…ってのもあるよな…。
[PR]
2007年 02月 15日 |
「デジモンセイバーズ」の最終回の収録であった。
1年間の収録だったが、後半のクダモン(私の役ね)は、マサル達の盾となり…出番はめっきり少なくなっちゃったんだけど。
最終回はきちんと出して頂けて嬉しかったなぁ。

さすがに最終回、お話も色んな決着をつける為?キャストも大勢。
スタジオからあふれかえっていた。

収録中、画面に気を取られていた私に、ヒョイと見せられた台本。
そこには…
e0088684_2115689.jpg

あああああ…
おいらの似顔絵だぁ…

これを密かに描いていたのは
e0088684_21164385.jpg

じゃじゃ~ん。
ゴツモン・前田健さんだ!
なんか、嬉しいような、恥ずかしいような…。

この方はホントに器用。
ものまねをやられる方って、特徴を捉えるのが上手いというか、見つける目線が違うのか、とにかくすごいよね。
絵を描かせても上手いわけなのさ。
これまでの収録中にも色んな方の似顔絵を描いてたみたい。
デュークモン・野沢雅子さんも「私も前に描いてもらった!」っておっしゃってた。


収録後にはスタッフから、主役マサルの保志総一朗くんとアグモン・松野太紀くんに大きな花束が贈られた。
そして!
なんと他のキャスト全員にも可愛い花束が!
e0088684_2114836.jpg

ララモン・ゆかなちゃんと。

1年はあっという間。
仲の良いチームだったので、また何かで一緒になれたらいいなぁ。


あ、オンエアはまだあと1ヶ月位続くよん。
[PR]
2007年 02月 15日 |
2月14日。
バレンタインデーではあるが、それと関係してるのかしてないのか、「うなね物語」がスタートした。

簡単に言えばネット上のラジオドラマである。
e0088684_224625.jpg


山像かおり×渡辺美佐 両氏による羽衣1011プレゼンツ
神南スタジオHP上のドラマコンテンツ?!

とにかく、「うなね」で繰り広げられるほんわかコメディのショートストーリー。
隔週水曜日に1話ずつ更新されるみたい。

私は「バイラ」さんというキャラで登場。
オンエアはいつになるのかわからないけれど、他のドラマもほっこりしたいときには是非聞いてほしいな。

詳しくは → こちら
[PR]
2007年 02月 14日 |
新宿の駅ビルはいつのまにかマイシティからルミネエストになっている。
気付いた時には結構びっくりした。
ようやく慣れたけどね。

ここの7・8階はSHUNKANというレストラン街で、ちょいとおしゃれな創りが気に入っている。

さて、8階にあるウォルフギャング・パック・カフェに。
ここはアカデミー賞公式シェフのプロデュースするレストラン。
やっぱりこの季節、せっかくだからここにしよう、と初めてのトライ。

カジュアルな7階よりちょっとグレードアップ感のある8階。
そこのレストランだからちょっと恐る恐るだったんだけど…

結果から言って、とっても満足。

女性二人でボリュームを見ながら少しづつオーダーする。
まずは白ワインのデキャンタと、目にも鮮やかな「シュリンプコブサラダ」。そして「スモークした真鯛のガレット」を注文。
サラダがやはりたっぷりあって、これだけで結構満足しちゃうね~とご満悦。
ブルーチーズのアクセントが効いていて、ワインにもよく合う。
サービスのパンとチーズのおせんべいみたいなのも、ワインに良し。

食の細い友人はもう十分、というのだけれど、とりあえずメインに「香ばしく焼き上げたキャットフィッシュ」をオーダー。
キャットフィッシュってなまずじゃなかったっけ?と思いつつ、まだ新人っぽいおねーさんに聞くと、「白身魚です」
ま、いいか、と頼んだんだけど、これも25cm位の白身のフィレがこんがり焼けてて大変美味!
スモークトマトが何とも言えない味わい。
(帰ってチェックしたらやっぱりなまず。なまずって美味しいのね)

ホントはパスタも頼みたかったんだけど、ここまでで結構お腹にくる。
パスタは見送ってデザートに突入。

友人はチョコレートのムース。私はブレッドプリン。
そう、パンブディングですよ。
これが甘すぎず、あつあつのフワンとしてビバっ!って感じ。
幸せ~。ふっふっふ。

コーヒーは大きめカップで出されるアメリカン。お代わり自由。

初めてトライしたお店だったけど、友人と二人で満足して店を出た。
勢いにのって二人とも買い物までしてしまう。
友人は白いバッグ。私はゴールドのキャミソール。


帰りに近くのテーブルに運ばれた皿を覗く。
「シノワチキンサラダ」はこんもりと盛られて美味しそう。
「スモークサーモンのピッツァ」はたっぷりと乗ったサーモンが輝いてる。
他にも試してみたいメニューがいっぱい。
また行ってみたいなぁ。

詳しくは → こちら

是非メニューの写真も見てみて!
[PR]
2007年 02月 10日 |
鈴置洋孝さんの追悼公演である。
鈴置洋孝プロデュース「煙が目にしみる」
初演は10年前。
名作である。

以降、このプロデュース公演でも再演されているし、他劇団等でも上演される愛されている作品なのだ。
しかし、オリジナルであるこのカンパニー、この座組みでの公演が最も良いという話は、あちこちで聞く。

鈴置さんを偲び、上演された今回の公演。
ストーリー自身の力強さに加え、キャストスタッフの方々の想い、そして観る側の観客たちの想いも重なり、劇場内はある種、異様な空気で埋め尽くされていたのではないだろうか。
暗い客席で沸き起こる笑いと、すすり泣き。
決して女性の割合が男性より多いわけではない。
しかし、補助席もいっぱいに埋められた客席全体からあれだけ笑いと涙の気配がする作品はそうそうないだろう。

鈴置さん。
素敵な作品をありがとう…
[PR]
2007年 02月 06日 |
字幕が変?という、ちょっと面白記事をご紹介。
安く入手…うむむ…
ある意味、商売敵だもんね。
面白がってちゃいけないか…。

詳しくは → こちら
[PR]
2007年 02月 05日 |
e0088684_23312926.jpg

JRの総武線のプラットホームにあった自動販売機。
おでんともつ煮。
何故、常温販売?
[PR]