声優・役者な葛城七穂の   ゆらゆら生活あれやこれや
by n-katsuragi
<   2007年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
|
2007年 04月 28日 |
実はバウホール公演千秋楽の翌日に、宝塚大劇場の星組公演を観たのだ。

雪組時代に一緒だったとうこ(安蘭けい)のトップお披露目であり、93期生の初舞台公演でもある。
演目は

宝塚舞踊詩
『さくら』-妖しいまでに美しいおまえ-
作・演出/谷正純

ミュージカル
『シークレット・ハンター』-この世で、俺に盗めぬものはない-
作・演出/児玉明子

詳細は → 宝塚歌劇団HP


もう10年以上ぶり位の宝塚大劇場での宝塚観劇。
しかも表のゲートから入って、休憩も表の喫茶店で時間をつぶし、
終演後も正規のルート(^^;)を通って帰る。
そんなの何年ぶりなんだろう…。
いつも楽屋から入って、横の扉から客席へ、休憩も楽屋に行く事が多かったからなぁ。

とうこが取ってくれたチケットは前方のセンター。
あんな良いお席で大劇場を観るのはもうないかも…と思いつつ、ありがたく観劇。
ありがたや、ありがたや。

まず。
初舞台生の口上。
緑の袴の初舞台生がずらりと並ぶ。
はちきれんばかりの初々しさ。
知っている子は誰もいないのに、胸が詰まる。
日替わりで3人ずつ、口上を述べる。
客席のどこかで、彼女らの親御さん達も目頭をぬぐっているのだろうか。

そして「さくら」
宝塚はこうでなくっちゃ、と言わんばかりの絢爛豪華さ。
タカラジェンヌの憧れ、若衆姿。
つべこべ理屈はいらないのだ。
キレイ。
それだけでいい。

「心中・恋の大和路」の演出も谷先生。
ずばり、こちらの稽古とこの星組さんの稽古がどっかぶりだった。
先生、これを創りながらうちの稽古もしてたのね…。

2幕目「シークレット・ハンター」
作・演出の児玉先生は私の在団中に入ってきた可愛い若い女の子だったのに…。
もう大劇場の作品を作っているのね…。

とうこは昔から上手い人だった。
こうしてトップとして真ん中に立っていても綺麗だし、安心して観ていられる。
頑張れ、とうこ!

宝塚の黒塗りも宝塚の美しさを引き出すアイテムのひとつなんだよね。
いいよね、南の島に行きたくなってしまった。

休憩中に一緒に観劇していた母が
「あんたの初舞台は2階や3階の後ろで観たわ~」
と懐かしむように言った。
「そんな後ろで観てたの?」
と聞くと
「初舞台生の親が前で観られるわけないじゃな~い」
と笑っていた。
そんな事すっかり忘れていた。
実際、初舞台生に回ってくるチケットなど、良い席が回ってくるはずもない。

「あれ?口上の日も?」
と聞いて、思い出した。
私らの期は口上がなかったのだ。
全員ピンクの着物、おかっぱ頭でずらりと並んだ前に、組長さんが代表して口上を述べて下さっていたのだ。
最後に「頑張りましょうね」と言われ、
全員で「はいっ!」
これだけだった…。

懐かしいね。


そんなこんなの宝塚観劇。
宝塚の街も稽古場もバウホールも大劇場も、そして懐かしい人々にも沢山会えたこの1ヶ月。
こんな時があってもいいよね。
[PR]
2007年 04月 26日 |
とりあえず目の前に迫ってきたのでお知らせしちゃおう!

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第5話にゲスト出演します。
4月から始まってる新シリーズ。
なかなかシニカルな鬼太郎くんでちょっとびっくり。
これがまたいい感じ。

鬼太郎役の高山みなみさんもいい感じ。上手いんだよね~。
ねずみ男は何故かこの現場ではてんぱっていた高木渉さん。
そして!
目玉親父はご存知、田の中勇さん!

ああ、目玉親父が目の前に…。
なま田の中さんだ…。

すっかりふぁんもーど。

この日は特別ゲストも用意されていて、これはオンエアを見てのお楽しみ。
なま○○○も見たのさっ!

ってな訳で、おいらの役は「沼御前」
もちろん妖怪でございますよ。

オンエアは今度の日曜日。
第5話「呪われた映画」
4月29日(日)朝9:00~ フジテレビ系列にて。
(少なくとも関東では…)

詳しくは → こちら

観てね~
[PR]
2007年 04月 24日 |
終わった~!

「心中・恋の大和路」無事終了!
帰ってきたよ~。

観にいらして下さった方々、応援して下さった方々、ありがとうございましたm(__)m

しばらく携帯からの投稿だったので、コメント返せずにごめんなさい。
色んな報告もあるけど、今日はとりあえず帰還報告。
帰りの新幹線はほとんど爆睡でした。
エコノミー症候群にならないか、急にあせって足動かしたり、お茶飲んだりしちゃった。
[PR]
2007年 04月 22日 |
舞台袖でけつまずいて転んだ。

舞台上ではクライマックス直前。
ミネ(峰さを理)さんが一人、切々と歌い上げている。
そこへ響き渡るドタバコズカーンという音。

おいらは痛いよりも何よりも、舞台進行を妨げちまったんじゃないか?!という方がまず心配になる。
ていうか、瞬間的にごめんなさいっっっ!なのだ。

まわりにいた上級生が、あまりの音に心配して声をかけてくれる。
舞台監督も心配そうに振り返るも、忙しくてかまっていられないよう。
暗がりの中、とにかくそこを脱出。
明るい廊下に戻り、ひんまがったカツラの情けないおいらの顔を見て大爆笑の上級生の方々。
ひどいや…(〒_〒)

とにかく怪我チェックは衣裳を脱がねば。
結果、それほどたいした傷は無し。良かった。

終演後、衣裳部に戻ってきたミネさんに謝りに行く。
やっぱり歌ってたミネさんにも聞こえてたっ!
「絶対誰か転んだと思った。大丈夫~?」と笑って下さる。優しい。申し訳ない(>_<)

客席にも聞こえてたかなあ?
ミネさんの大切な歌に、雑音を入れたのは葛城です。
ご不快に思われた方、すみませんでしたm(__)m


2回公演目、肩が痛いのに気付く。
笹を持って踊ってたら、左腕の上がりが悪し?
ううう…。
こーゆーのは後からやってくるのだ。
負けないぞっ!
[PR]
2007年 04月 20日 |
e0088684_2312795.jpg

宿衆仲間・伊勢屋さんを演じるミツヨ(舵一晴)さん。
いなせな江戸っ子さんで、すんごいかっちょいいんだけど、それゆえ大阪弁に苦労されてた。
アドリブもきかないって…(^o^;

実はおいらの本科生時代、とぉってもふぁんだったんだよね~。
ゼリー作って差し入れしたよなぁ…。
劇団入っても組が違ったので一緒の舞台に立つ事はなかったんだけど。
ここにきて、ご一緒出来るとはOG公演って不思議。


さて、飛脚宿衆である我々6名、ひたすらダンサーズでもある。
小判の付いた笹を持って踊る曲は2曲。
主役は小判!
笹ずっしり。
稽古場で使っていたモノよりはるかに重いし大きい。(8・6年前よりも)
踊っているとぶんぶん振り回される。

が、しかし、最近ちょっとそうでもなくなってきた感が。
果たしてそれは、慣れてきたのか、腕に筋肉が付いてきたのか、それともはっぱやら小判やらが取れて笹が痩せ細ってきたのだろうか…?
[PR]
2007年 04月 19日 |
e0088684_19224028.jpg

「心中・恋の大和路」宝塚バウホールでの公演が初日を迎えました。

写真はおいらの演じる飛脚宿衆・角屋さんが節季侯に扮したところ(ややこしいね)

この「心中・恋の大和路」には、6年前にも8年前にも同じ役で出ているんだけど、自分の役名「角屋」が(かどや)なのか(すみや)なのか、何度聞いても忘れてしまう…。
何故なのだろう…。
正解は「すみや」さん。

その上、写真の「節季侯」は、ずっと「せっきこう」と読んでいた。
8年前からずっと!
今回初めて判明した正解の読み方は、「せきぞろ」!

日本語って難しい…。

さ、出番だ。
舞台袖に行ってきま~す(^O^)/

バウホールの楽屋より
[PR]
2007年 04月 15日 |
ある市民講座に参加の為、東京大学へ。
地下鉄南北線の東大前駅で下車。
初めて東大構内に入った。

休日の大学構内。
それでも結構人がいる。
学生さんのみならず、年配の方や親子連れ、犬と散歩をする人も。
それぞれ思い思いの時間を過ごしている様子。
e0088684_22554157.jpg


正面に安田講堂!
知ってるようで、実はあまりよく知らない安田講堂。
かつて学生達はここで熱くなっていたのか…。

銀杏並木は若い目が出始めている。春である。
両脇の建物はきれいなデコレーションの施されたゴシック建築。
昔はこんなゆとりのある建築が出来たのに、何故今はこのゆとりがとれないのだろうか。

講義は午後から。せっかくだから大学生協の食堂でお昼を食べようと、中央食堂へ。
食券機もあったけれど、おばちゃんのいる窓口で食券を買う。
e0088684_22525979.jpg


和定食560円也。
かやくごはん、けんちん汁、鰆、麻婆豆腐… 盛り沢山。
学生さんって羨ましい…。


名古屋の実家は名大の近く。
今度、名大の食堂に行ってみようかなと、隣の母がつぶやいていた。
[PR]
2007年 04月 11日 |
高円寺へ。
地下鉄のフリーペーパー、URBAN LIFE METROで高円寺特集を見て行きたくなってたのだ。
ようやくランチがてら出かける。

まずはランチ。
「グラタン屋」へ。
e0088684_112273.jpg


グラタン以外にメニューの無いグラタン一筋のお店。
カニスペシャルグラタン(1030円)と、ロールパンとサラダのセット(210円)。

どっしり、コクあり、クリーミーなグラタン。
たっぷりかかったチーズがぱりぱりに焼けてそれも美味しい。

他のお店も回りたかったので、食後のコーヒーは我慢する。

満足してお店を後にし高円寺駅にむかってプラプラと歩いていると魅惑的なたて看板を発見。
華やかなクレープの看板である。
パティシエこだわりのクレープという事で、そこいらのクレープとは一味違いまっせ!という空気が伝わってきた。
これは試さねば!
e0088684_11334096.jpg


ミックスフルーツロール(580円)とココナッツバナナ(480円)

これはっ!
やはり美味し!
クレープ生地はもちもちで、生クリームもあっさりとくどくなく、食べ進めるごとに様々な出会いもある。
ランチ後だったのにペロンと1個を食べきってしまう。
また食べたいクレープである。
「Rowell」高円寺店

さて、高円寺は古着のおしゃれなお店が沢山ある。
若者のお店と古くからあるお店がうまく混在していて、結構広範囲までそれが広がっている。
和テイストのスカジャンやTシャツを売っているお店で、和金魚柄のベルトを購入。

とんぼ玉のお店もかわいらしい。
e0088684_11533664.jpg
ふらふらとウィンドウショッピングをしていると
ふくろうの看板を発見。

レトロな雰囲気ただよう珈琲亭「七つ森」である
e0088684_11581100.jpg


古い木造家屋を利用した店内は天井も高く、静かな時間が流れている。
静かに珈琲を飲む。
いつのまにか、芝居の激論を交わしていたけれど…。

天気の良い日はまた散策に行こう。
[PR]
2007年 04月 09日 |
「心中・恋の大和路」東京公演が無事に終了。
再びの男役。

幕開きに登場する堂島の侍屋敷の甚内さん。
一人でキレそうになってます。
e0088684_11374475.jpg



そして同期のナカネちゃん(北山里奈)
丁稚の庄介。
おでこを床にぶつけながらお辞儀してます。
e0088684_1140104.jpg

さて、今回、最下級生部屋だった我々。
残りの3人はキレイどころがそろっておりました。
化粧前での3人。
まだかつらもつけておりませんが、携帯カメラを向けたらきちんと振り向いてくれました。
えらい!
e0088684_11461199.jpg

手前からナツキちゃん(汐夏ゆりさ)、アミちゃん(愛耀子)、クニコ(妃宮麗子)。
楽屋の雑然さには目をつぶって下さい。

いらして下さった皆様、ありがとうございました!
これで10日間程あけて、今度は宝塚バウホールでの公演です。
[PR]
2007年 04月 06日 |
いよいよ、「心中・恋の大和路」の幕があきます。

初演から28年。
変わらず主演を務める瀬戸内美八さん。
ルミさんのキャラクターあっての忠兵衛であり、それを支えるミネ(峰さを理)さんの確実さあっての八衛門であります。
私の参加した8年前も6年前も、ルミさんとミネさんはそこにそういらっしゃいました。

再び現れる大和路の世界。
どうぞ、お客様がその世界にどっぷりとつかって楽しんでくださいますように…。


私は…。
和モノ(着物)特有の身体の痛みに負けずに頑張りまっせ!
[PR]