声優・役者な葛城七穂の   ゆらゆら生活あれやこれや
by n-katsuragi
<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
|
2011年 03月 24日 |
さて。
そんなこんなで、こんな時期に告知をしなければならないのは
やはり心苦しいのですが、
人は元気でなければ人に元気を与えられません。
私達は私達ができることを精一杯やっていきたいと思います。
今回はかつらぎは振り付けで参加します。



2011年5月20日(金)~23日(月)
VIVID COLOR vol.3 「サリー【s'aeli】」

平素はアフリカ座を応援頂き、誠にありがとうございます。

延期しておりました
VIVID COLOR vol.3「サリー【s'æli】」特別先行予約下記の日程で行います。
2011年3月26日(土)10:00~4月3日(日)22:00

また本公演では
公演当日に行いますグッズ販売の売り上げの一部を日本赤十字社を通して義援金として寄付させて頂きます。



「脱がないあたし・・・嫌いですか?」
現役AV嬢、元AV嬢による本格的な舞台公演で話題の「VIVID COLOR」第三弾!!

演出:中山浩(アフリカ座)
脚本:すぎやまゆう(u-you.company/アフリカ座)
企画:藍山みなみ

【会場】
下落合タックス1179
http://www.jade.dti.ne.jp/~ghaikyo/tac/tac.html

【料金】(全席指定・税込)
前売り:3800円
当 日:4000円

【公演スケジュール】
5月
20日(金)14:00/19:00
21日(土)14:00/19:00
22日(日)13:00★/17:30
23日(月)13:00/17:30★
★はアフターイベント有(内容はお楽しみに)

【出演】
藍山みなみ(プライムエージェンシー)
日高ゆりあ(バンビプロモーション)
松下ゆうか
夏川 亜咲(プライムエージェンシー)
星  優乃(ディーバプロモーション)
宮下ちはる(バンビプロモーション)
結城 リナ
木ノ下まい(ハスラー)
藤島 雪絵(ハスラー)
陽 菜(スタイルワン)
上原 まみ(アーティカル)
友咲 ナミ

【スタッフ】
演出:中山浩(アフリカ座)
脚本:すぎやまゆう(u-you.company/アフリカ座)
振付:葛城七穂(アフリカ座)
舞台監督:渡辺光喜
照明:阿部将之(NArt Des.)
音響:水野裕
演出助手:mocha<山元彩>(乱痴気スターター/アフリカ座)
チラシ撮影:GORO(www.deform.com)
宣伝美術:小笠原浩二
制作:杉山夕
制作助手:重冨純一・武田香利(アフリカ座)

企画:藍山みなみ
製作:アフリカ座


◆◇◆◇特別先行予約について◆◇◆◇
特別先行予約を
2011年3月26日(土)10:00~4月3日(日)22:00
の期間で行ないます。
最前列センター付近等の良い席をいち早く手に入れるチャンス!
特別先行予約期間にチケットご購入のお客様には、特別先行予約特典が付きます。
(内容についてはお楽しみ……♪)
ぜひこの機会を逃さずお買い求めください!!

【特別先行予約かつらぎ専用URL】
http://ticket.corich.jp/apply/26737/015/
上記予約フォームに必要事項を入力の上、送信してください。
受信確認後、折り返し振込先等の情報を自動返信メールにてご連絡いたします。

○africa_za123@yahoo.co.jp
からのメールを受信できるように設定の確認をお願いいたします。2日経っても返信が来ない場合は、お手数ですが直接メールにてご連絡ください。

○恐れ入りますが、振込み手数料はご負担ください。送料はこちらで負担いたします。

○座席位置については、申し込みいただいた順にできる限りご希望に添うように決定させていただきますが、残席状況によりご希望に添えない場合がございます。あらかじめご了承ください。

○特典はチケットと一緒に発送いたします。

○チケット発送のタイミング等は、各キャストやアフリカ座のブログにて告知させていただきます。
今後、アフリカ座のブログにて稽古風景や各種お知らせを随時掲載予定です。
ぜひチェックをお願いします♪
アフリカ座ブログ
http://ameblo.jp/africa--za/

特別先行予約を逃しますと、一般販売までチケット購入ができなくなります。
一般販売のチケットには残念ながら特典がつきません……。
ぜひ特別先行予約期間中にチケットをお買い求めください。
皆様のご応募、お待ちしております!!
[PR]
2011年 03月 22日 |
「不謹慎」とは、という問いかけがあちこちで話されている。

私は怖いキーワードだと思っている。
「不謹慎」のボーダーラインはどこにあるのだろう。
その言葉を振りかざす人に聞いてみても、この答えは返ってこないのではないか?

ある人が
「不謹慎」という言葉は抽象的過ぎ。
「嫌い」の意思表示以外に役に立たないと思う。
と書いていた。

なるほど。
「嫌い」だ!

その人にとってその行動が「嫌い」だったから「不謹慎」と断罪するんだ。

そう思うとそんな断罪の仕方って陰湿だなぁ。
きちんと自分の意思で「私はその行動を好まない」と言えばいい。
ひっくり返せば、
「周りから見てその行動はダメって言われてるよ」と攻撃して
自分自身は盾の裏に隠れるって事じゃない?

ううむ。

正直言って「不謹慎」って言葉、私も使った覚えがある。

でも最近やたらと引っかかって疑問に思っていた。

このエンターテインメント業界にいたら、このワードに振り回される。

友人達からの公演自粛メール、休演メール、お仕事なくなったメール、申し訳なさそうな公演開催予定お知らせメール。
みんな悩んで答えを出そうとしてる。


昨日。

やっぱり悩んで答えを出した人のライブに行ってきた。

ねったん(夢輝のあ)のライブ。
こんな時期、予定していたライブを行ってよいのだろうか。
相当悩んで、そしてチャリティライブとして開催した。
なるみちゃん(鳴海じゅん)も急遽参加。
彼女も前の晩まで悩んだと言っていた。

節電を叫ばれる中、照明を使ってしまっていいのか?
どんな節電方法があるか?
人は元気にならないと他人を助けられない。
そんなパワーを与えたい。
賛否両方の考えで頭はぐるぐるだろう。


実際。
会場は満員のお客さま。
ライブ後の募金箱には紙幣ばかりが入れられ(私も紙幣を用意した…)
終演後のなるみちゃんは「逆にお客様にパワーをもらった」と言っていた。


この時期にライブを行うのはある意味英断だっただろう。
賛否両論だと思う。

けれど。
(ここから先は一般のエンターテインメントに関して言うね)
サービスの提供を「不謹慎」と断罪するなら
行かなければいい。
参加するしないの選択権は与えられているのだから。
提供自体を停めようとしないで欲しい。
彼らは悩んだ上で提供を決めた。
参加しないことで反対意見表明すればいい。
そんな人が圧倒的に多ければ、提供する側もおのずと淘汰される。
何よりもそんなサービス業界で仕事してる人は生活がかかっているのだ。



そんなこんなで頭はぐるぐるしてる。


うちの劇団も次の公演を予定してる。
またお知らせしなければならず、やっぱりぐるぐる考える。


この意見にも賛否両論だろうな。

先に謝っておきます。
ごめんなさい。
私個人の一意見です。
[PR]
2011年 03月 16日 |
ツィッター上(ネット上)で話題になっていたので見てみたら…

素晴らしい教育者がそこに。
他の人も言っていたけれど、全ての大学生が読むべきだと。

「卒業式を中止した立教新座高校3年生諸君へ」


大学生ではないけれど、襟を正したくなりました。

涙しました。


素晴らしい校長先生に恵まれた立教新座高校を卒業されたみなさんに幸あれ!
[PR]
2011年 03月 16日 |
いけない。いけない。

TVから流れる地震関連情報のシャワーを浴び続け、
催眠にかけられたように動けなくなっている自分に気付く。

これは危険な信号。
あの時と同じ。
いや、あの時の方がひどかった。
指摘されるまで約一週間、そんな自分に気付かなかったから…。

こんな時だけど、だからこそ自分自身へのメンタルケア。


自分の足で立てることに感謝して、きちんと生活しなくては。


ネガティブな情報ばかりに目を向けてはいけない。

今、世の中には感謝の言葉も沢山あふれている。



そして。


批判はあとにしよう。

政府も東電も、こんな状況下であんなに頑張っている。

みんなみんな頑張っている。

だから我々はこうしていられる。


政府の対応も一昔前では考えられないほどこまめに会見をして
情報を開示しようとしてないか?
東電の二転三転する計画停電も、言い換えれば状況に応じて臨機応変に
送電コントロールする技術があるってことじゃないか?
そこには、現場で死に物狂いで考えて操作して
重責を背負いつつみんなの為に働いている人たちがいるってことじゃないか?

今は責める時じゃない。応援する時だ。

ネガティブな怒りではなく、ポジティブな感謝をしたい。


そしてそのパワーを被災地に!
[PR]
2011年 03月 11日 |
みなさま、地震、いかがでしたでしょうか?

被害に遭われた方、お見舞い申し上げます。

かつらぎは家におりました。
モノが落ちたり、エレベーターが止まっていたり、ガスが止まっていたりしますが元気です。
外出を諦めたので交通被害にも遭っておりません。

よみがえる阪神大震災です。
アノ日を思い出しました。
今回の私はあの時よりも全く被害も軽く、続く余震で軽い船酔い気分ではありましたが、
実際には地震の規模が今回の方が大きいのですね…。

これからじわじわと被害状況が分かってくることを思うと、心安らかにはいられません。

あの時と同じように、TVの前で茫然とニュースを観ています。

今日の私は使い物にならないようです。


どうぞみなさまが暖かい夜を過ごせますように…。


安否報告でした。
[PR]
2011年 03月 11日 |
さきほど、「ER緊急救命室」最終回、観終わりました。
今日はリアルタイムできちんと観たくて、TVの前に座りました。

特番から最終回への流れ。
胸にくるものあったです。

最終回の最後の曲が入ったところで涙出ました。

ERらしい、ERな最後のシーンでした。

特番の方は出演していましたが、最終回は今日初めての視聴。
なんだかたまりませんね…。

なんだかたまらない。

そんな気持ちだけ書いておきたくて…。


みなさまお疲れ様でした。

そして

ありがとう!!
[PR]