声優・役者な葛城七穂の   ゆらゆら生活あれやこれや
by n-katsuragi
<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
|
2012年 07月 15日 |
すんごい風が吹いていたり、ド真夏な陽気だったりな日々が続く東京です。
映像でものすごい勢いの河川の状況も見ます。
九州方面の方々、お見舞い申し上げます。
 


さて。


ランチに訪れた初めてのカレー屋さん。
店員さんはどうやら皆さんインド方面系の方々の模様。
日本語も堪能。
しかも、優しい。気持ちいい。

お客さんもそれなりに途切れず来店。
おや、良い店にあたったのかも。

ランチセットメニューは殆どドリンク付き。
ラッシーやらアイスコーヒーやらウーロン茶やらのアイスドリンク系から選べる。
しかも。
それとは別に、ホットコーヒー・ホットチャイはフリードリンクでご自由にお飲みくださいと!
そんなところも気持ちいい。

カレー2種にナン・ライス、サラダ、タンドリーチキンの付いたセットを頼む。
カレー、美味し。
ナン、あちあちで美味し。
ライス、ちっちゃな器にちょっと。でも、ナンでかいし、ま、あるだけ嬉しいし。
チキン、小さいかと思ったが結構食べごたえあり。

総じて美味し。

だいぶ食べ進んだ頃、そおっとナン・ライスのおかわりは?と聞いてくれた。
嬉しかったがおなかもいっぱいになりそうだし、丁寧にお断り。

お客さんに欧米系の外人さんがちらほら。
私の隣に座ったおにーさんも。

日本のまちの小さなレストランで、インド系の店員さん達と欧米系のおにーさんが繰り広げる日本語の会話。
それが妙に流暢だし、たまに英語交じりだしで、何とも不思議な光景。


なんかあったかい空気の流れるお店。
こーゆーお店、好きだな。
[PR]
2012年 07月 12日 |
若い女の子向けのブティックや、雑貨屋などで聞くことが多くない?
女性店員さんの
「いらっしゃいませーーーーぇ(↑)、どうぞご覧くださーーーーぁい(↑)」(全て語尾上げ)

これが延々と繰り返されること。
よく聞かない?

あれは多分、店内の客に対しての声掛け、そして店内の活性化、及び店外の客に向け活性化している店内の様子をアピールしての呼び込み。
こんな感じの目的なのではないかな?

そんなつもりで店長は店員に「積極的に声を出していきましょう」と
通達しているんじゃないかなと想像している。
これ間違ってるかな?

うん。ここまではいい。理解(多分、合っていたとして)できる。

でも。

非常に気になるのが。

声出しがマニュアル化してしまって、本来の目的を見失っているんじゃないかという場面によく遭遇するのだ。


某日。
小さな雑貨店。
ふらりと入店する。
たちまち声がかかる。
「いらっしゃいませーーーーぇ(↑)、どうぞご覧くださーーーーぁい(↑)」

面白そうな小物の数々。ゆっくりと見てまわる。
「いらっしゃいませーーーーぇ(↑)、どうぞご覧くださーーーーぁい(↑)」

ゆっくり見てまわる。
「いらっしゃいませーーーーぇ(↑)、どうぞご覧くださーーーーぁい(↑)」
他に客はだれもいない。

「いらっしゃいませーーーーぇ(↑)、どうぞご覧くださーーーーぁい(↑)」
うん、見てるよ。

「いらっしゃいませーーーーぇ(↑)、どうぞご覧くださーーーーぁい(↑)」
声出してる店員は在庫整理しながら声だけ出してる。
誰かに向かって言っているのではない。

「いらっしゃいませーーーーぇ(↑)、どうぞご覧くださーーーーぁい(↑)」
狭い店内。
ただレジ横にいる店員とただ入口付近をうろうろする店員と機械的にキンキンとした声出す店員。
そして客は私ひとり。

「いらっしゃいませーーーーぇ(↑)、どうぞご覧くださーーーーぁい(↑)」
全て同じ音程。同じ音量。
いい加減、私のイライラ度はマックスぎみ。

もう喉元まで
「ねぇ、誰に向かって、何のために言ってるの?」
と出かかっていた。

「いらっしゃいませーーーーぇ(↑)、どうぞご覧くださーーーーぁい(↑)」
欲しいものもあったが、その声にげんなりして店を出た。


マニュアル通りにこなすのは間違っていないかもしれない。
でも、結果お客を逃がしたんだよ、君達は。
ちょっと想像すればいいのだ。
自分が何のためにこれをやっているのか。
今の状況は何なのか。
それを受け止めた人がどう思うか。



ツイッターでも書いたけれど、改めてこちらでも書いてみる。

家の近所のレンタルビデオ店。
その時はアルバイト店員、ひとり。
見たいビデオリストを渡して在庫を調べてもらう。

少し古い作品ばかり。
店員、一作品ずつPC上で調べる。

しばらくして
「ありませんでした」
「ええと、他の系列店舗にも?」
「はい」
「……ありがとう」

彼はやるべきことはやっていたと思う。
それは間違っていないだろう。
きちんと調べたし、無かったから無いと言った。

でも。

彼に心があったら。
「すみません」の一言があったら。
せっかくわざわざ来てくれたお客さんの期待に応えられなくて残念です、
という気持ちをにじませた声だったら。

私はホントに心から気持ちよく「ありがとう」とお礼が言えたと思うんだよね。

接客業はホスピタリティが大事だと思う。
要は想像力。


ちょっと想像してみたらいいよ。



…自分への戒めも込めて。
[PR]
2012年 07月 07日 |
ニュースで見かけたら、ひとめ惚れしちゃいました。


自動車に。



光岡自動車のビュートです。

なんともクラシカルな風貌で、でも国産。

手作り感満載で、愛らしい。

はう…。

e0088684_18222713.jpg


光岡自動車は日本で10番目の自動車メーカーだそうで、
「小さな工場には、夢がある。」
と謳っている会社です。
何かいいなぁ、と。


東京ではあまりに電車でのアクセスの方が便利なので、
どうしても車所持を諦めて、その分家賃に組み込んで考えてしまうのですが、
車所持のメリット部分も非常に感じているので
やっぱり車欲しい!!と常日頃からおもっているのですよ。
なかなか維持費とか考えるとね…難しかったり…ね…。

ああ、でもこんな車見ちゃうと欲しくなるなぁ。

宝くじ、当たらないかなぁ。
[PR]
2012年 07月 06日 |
いやぁ、先日「カフェ トロワグロ」で素敵ランチを致しましたよ。

新宿の小田急百貨店内にあるこのカフェは、センチュリータワーにある「キュイジーヌ ミッシェル・トロワグロ」よりもずっとりーずなぼーに頂けるフレンチであります。

とは言えトロワグロ。
お店は小さいけれど、働く人々の微笑みは優しく、お客様も素敵客ばかり。
それに何より、供される皿の数々は思わず「わぁ…」と言ってしまうアイディアがたっぷり。

携帯写真だとどれほどお伝えできるかな。
e0088684_20535210.jpg

たっぷりなシーザーサラダだったり

e0088684_20543184.jpg

仔牛のカルパッチョだったり

e0088684_205632.jpg

仔牛のブランケットだったり

あと、冷製グリンピースのスープ・オレンジのアクセント に感動したり
本日の鮮魚・サンセールのナージュ に?となりながら美味しさに笑ってしまったり
おしゃれなデセール、桃のコンポートとヨーグルトのソルベ の軽やかさに参ったり…

あ、これら2人分のメニューが入り混じってるからね。

ともかく、メインの頃にはすっかりおなか一杯になっていて、
というのも我々のチョイスが
前菜2種+メイン+デザート
だったんだけど
前菜1種で十分だと思われます。

もちろん美味しいんだけど、それより「楽しい」という感想でしたな。
友人と美味しさ、楽しさの感動を分かち合う喜び。
そんな感じ。

デイリーに使える金額ではないかもしれないけど、たまにはいいかな?って日には是非。
[PR]
2012年 07月 02日 |
えー。
先日発表になったので、こちらでも報告します。

「エリザベート ガラコンサート」に今回も出演します!


~TAKARAZUKA WAY TO 100th ANNIVERSARY Vol.4~
「エリザベート スペシャル ガラ・コンサート」

東急シアターオーブ
2012/11/6(火) ~ 2012/11/21(水)

梅田芸術劇場メインホール
2012/11/25(日) ~ 2012/12/3(月)

1996年の雪組による初演以降、各組で再演を重ねてきた宝塚歌劇版「エリザベート」。
歴代キャストに加え、特別出演として、紫苑ゆうがトートを、初風諄がゾフィーで登場。
組や時代を超え、組み合わせも新たによみがえります。
そしてDREAMバージョンは、宝塚歌劇版「エリザベート」の歴代キャストとニューキャストが次々に登場するガラコンサート決定版!まさに夢の共演が実現しました。

物語の流れや衣裳の豪華さはそのままに、重厚で情感豊かな音楽をダイレクトに、臨場感たっぷりに感じられるよう、オーケストラがステージ上で生演奏。各キャストが役を演じながら全てのナンバーを歌い継ぎ、楽曲の魅力をお届けします。
(公式HPより)

公式HPはこちら → 梅田芸術劇場


という訳で、今回のガラコンにも参加です。
前回も参加したガラコンは2006年だったんですねぇ。
ミュージカル「エリザベート」上演10周年記念ということで、
初演メンバーだった私も10年ぶりかぁと思いながらやってました。
今回は20周年で、「あれ?計算が?」と思ったら
ウィーンの初演から20周年だそうです。
宝塚歌劇団は100年です。
すごいなぁ。
100期生ですものねぇ。

一路さんもおっしゃっていたようですが
当時の雪組生がひたすら手さぐりで必死に、一丸となって作り上げた思い出深い作品。
聞いたこともない不思議な不協和音。
手さぐりのうちは気持ち悪いのに、出来上がると何とも美しいメロディ。
見本もないのでホントに苦労して取り組んでいたんですよ。

だからもう、大好きなんです、この作品。

しかも。

今回はその時のメンバーが集結って!!!

東京の初めの3日間はメインメンバーが雪組初演メンバーです。
今から涙出そうです。
イチロさんにユキちゃんに、イシちゃん、たーちん、あっこにお花、はつねちゃん。
嗚呼。
楽しみです。

詳しくは上記の公式HPでご確認下さい。


ようやく発表できてホッとしてます。



ええと。


……


私の連絡先を知っている方で、チケットご用命の方は、是非是非お早目にご連絡ください。



よろしくお願いいたします。
[PR]