声優・役者な葛城七穂の   ゆらゆら生活あれやこれや
by n-katsuragi
せまっ!
2006年 04月 02日 |
芝居は始まってしまえば、あっという間に目の前に千秋楽。
特に短い期間の芝居はね…。
そんなわけで、いよいよこの公演も明日まで。
芝居は千秋楽と共に、それまでがっつり一緒にいた仲間との別れもやってくる。
これがなんともせつないね。

さて、今回私は初シアター・トップス。
小劇場では老舗の、名のある劇場。それなりのステータスもある。
が、こんなに小さな楽屋だとは思わなかったよ。
ひらりの稽古場日誌(めしませブログ)にも写真が載ってるけど、この部屋に11人!
ぎっちぎちだよ!

公演中の楽屋では、今回舞台のモニターがあまりきかないのか芝居の声はほとんど聞こえず、隣の店のBGMが聞こえてくる。
昼公演では掃除機の音と共にガンガンのロックがかかり、夜公演ではしどけない感じのジャズが流れているのさ。
頭上で行われている芝居を気にしなければならないのに、何故かジャズの音に酔ってる自分がいたりして…。


ま、そんなこんなで楽しい楽屋。楽しい楽屋からあふれ出る楽しい芝居。
それも残すところあと1日。
しっかりやっとくよ~!
[PR]
by n-katsuragi | 2006-04-02 01:34 | ひらり