声優・役者な葛城七穂の   ゆらゆら生活あれやこれや
by n-katsuragi
宝塚宙組「黎明の風」@東京宝塚劇場
2008年 04月 26日 |
宝塚宙組公演「黎明の風」を観る。
久々の宝塚観劇。
同期3人で。

昼公演の為、開演前に3人でランチ。
明るい日差しがたっぷり入るCAFEにて。
e0088684_1201061.jpg


腹ごしらえをした後、チケットを取って頂いた石ちゃん(轟悠さん)の楽屋へご挨拶に。
顔を作っている最中の石ちゃんと、ゆうちゃんさん(汝鳥怜さん)は優しく迎えて下さる。
いつお会いしても変わらない人たちである。

他数人の上級生(我々からは下級生^^;)に挨拶して、いざ客席へ。
う~~ん、お客さんいっぱい。

知り合いにも会う。
退めた下級生やら、清元の雄二郎さんやら、以前共演した原田優一くんやら、神崎順くんやら…
東宝劇場ってホント遭遇率高い。

今回の公演、芝居はニッポンのダンディ・白洲次郎のお話。
戦中・戦後の日本が舞台なのだが暗くなりすぎず、ざっくざっくと見せてくれる。
なるほどと思わされる事もあり面白い。
石ちゃんは当然ダンディーでかっこよし。
白洲次郎さんは今、写真で見ても相当かっこいい人。
ぴったりだね~。

本来の宙組のトップさんである大和悠河さんはマッカーサー元帥。
非常に人間らしく、いい人に描かれていた。
実際もそうだったのかな。だとしたら、ちょっとイメージ変わったね。

そして特筆すべきは汝鳥怜さま!
吉田茂。
その存在の仕方が素晴らしかった!!

開演前の楽屋でご本人自ら
「似てるって言われるのよ~」
と言っておられたが、実際、舞台上のゆうちゃんさんは吉田茂であった。
シルエット、歩き方… むむむ…
芝居終盤、当時の吉田茂の映像が上映される。
そしてその直後に舞台上にたたずむ汝鳥・吉田茂。
何の違和感もないのだ。
そして素晴らしくかっこいい。
吉田茂がかっこいい。すごい。

あんまり感動して再び楽屋にゆうちゃんさんに会いに行くと
「吉田茂本人に似てるってのもね~」
とおっしゃっていたが、いやいやとにかく素敵でしたから。
ゆうちゃんさんの役者魂に脱帽ですぜ。


そんな訳で、今回のおいらのヒットポイントは汝鳥怜さん。

5月18日(日)まで → 詳細はこちら

あ、ショーもきらびやかで素敵でした。はい。
[PR]
by n-katsuragi | 2008-04-26 01:22 | 芝居だよ