声優・役者な葛城七穂の   ゆらゆら生活あれやこれや
by n-katsuragi
「江戸宵闇妖鉤爪」 @国立劇場
2008年 11月 14日 |
先日。

国立劇場へ歌舞伎を星野めみさんと観に行く。

「江戸宵闇妖鉤爪(えどのやみあやしのかぎづめ)」
江戸川乱歩の「人間豹」を、舞台を昭和初期から江戸時代に移して歌舞伎に仕立てた作品。
松本幸四郎さんの明智小五郎に、染五郎さんの神谷と殺人鬼の二役が絡み…。
e0088684_23164724.jpg

相変わらず、ポスターの写メで申し訳ない…。

それにしても、いやぁ、面白かった!
30分の休憩を挟みつつも、前半1時間、後半1時間とコンパクトにまとまり、
客電は落とした暗い場内での芝居(歌舞伎は客席明るい事が多いからね)
新作ゆえか、斬新な演出も面白く、スピーディーな展開が気持ち良い。
現代の芝居に慣れた我々にはそれがとても心地よいのかも。

演出は九代琴松の名で幸四郎さんがやっているとのこと。
なるほどね~。

染五郎さんが宙乗りをたっぷり披露してくれる。
ラストの客席へ向かう宙乗りは圧巻。
単純に楽しい。

外国のお客さんも多かったが、これならエンターテインメント性もたっぷりで
楽しんでもらえたんじゃないかな?

e0088684_23254322.jpg
ロビーには、江戸川乱歩のゆかりの品コーナーも出来ていて、なかなかに楽しい。


さて、歌舞伎のあとは何食べる~?とめみさんと言い合いつつ、
やはり食指は和に向かう。
芝居なかでは染五郎さんが消えモノで蕎麦を食べていたけれど
さすがにかけ蕎麦だけじゃ寂しいし…と、向かったのは…。
e0088684_23303744.jpg

じゃかじゃん。
お寿司だった。
「やっぱり歌舞伎のあとは和食じゃなくちゃっ!くふふ」
e0088684_23321397.jpg

こちら追加で頼んだ金目鯛のにぎりとネギトロ巻き。(注:二人で分けた)
満腹、満足!

ちなみに私のブログは実生活とのタイムラグが結構ある。
この前にエントリーしてる記事も寿司ネタだけど、そうしょっちゅう寿司ばかり食べてる訳じゃないからねっ!
私にとってご馳走なのでついついアップしちゃうんだからねっ!
[PR]
by n-katsuragi | 2008-11-14 23:38 | 芝居だよ