声優・役者な葛城七穂の   ゆらゆら生活あれやこれや
by n-katsuragi
火鉢生活始まる
2008年 12月 10日 |
この冬、火鉢でびゅーをしました。
ずっと火鉢生活に憧れていて、手ごろなものを探していたのですが、ついに!であります。

ネット上でも色々な火鉢が紹介されています。
実店舗ではなかなか見かけることが少ないのですが、ネットってすごいね。
ただ、どうしても実際に目で見て、選びたかったのでずるずると考えあぐねておりました。

結局、母が知り合いになった常滑焼きの窯元まで出かけていき、
そこの先生の作品を譲っていただく事に…。
で、これです。
e0088684_1248714.jpg


実際には火鉢でなく鉢なんでしょうが、先生が「火鉢に使ってもいいよ~」と
優しくおっしゃって下さったのでお言葉に甘えて。
やっぱり気に入ったものを手元に置く事で、幸せ気分が増します。

出すところに出せばそれなりのお値段がつくはずの作品であります。
窯元価格で譲って頂きました。
ありがとうございます。
へへへ。


全く火鉢初心者だったので、全ての道具を揃えるところから始まりました。
火箸は真鍮、灰ならしはステンレスと、ホームセンターで安いものを購入。
これは上を見ればきりがないので、おいおい気に入ったものに買い換えられるように。
台にしてるコロ付きのすのこも、ちょうど良い大きさのものをホームセンターで見つけて購入。
398円って安くない?
同時に火起こし、火バサミ、火消し壷代わりの小さな土鍋も購入。


なら灰、炭、五徳はネットの専門店で購入。

台十能は家にあった小鍋で代用。

こんな感じに揃ってようやく火鉢開きとなりました。

換気だけは気をつけなくちゃ、とむしろ以前より窓を開けるようになったのもホント。
あまりボンボンと火をおこし過ぎると鉢を割ってしまうのでは?との思いで
まだ調整をしながらの様子見です。
実家から持ってきた銅のやかんをかけるのですが、これがなかなか沸くところまで行きません。
慎重すぎるのかな?


某日、送られてきたホタテを焼いていたのですが
e0088684_13143931.jpg


火鉢でも焼いてみました。
e0088684_13151483.jpg

これはぐつぐつと良い感じ。

これからどんどんと楽しんでみたいと思うのであります。
[PR]